撮影=荒川正幸

トヨタ・セリカ リフトバック2000GT(初代) フォトギャラリー

旧車レンタカーのトヨタ・セリカ リフトバック2000GTは、駆動系やエンジンにモディファイが施されたこともあり、70年代のスポーティな見た目と乗りやすさを兼ね備えたクルマになっていました。ここでは、そんなセリカの魅力を写真で紹介します。

目次

ふくよかなボディラインが印象的な、セリカのエクステリア

セリカの外観

初代セリカにリフトバックが追加されたのは、サーフィンやキャンプなどレジャー機材が大型化する中、スポーティーなドライブとレジャーを両立する行動パターンが広まってきたことに対応するためだという。縦型5本のリアコンビネーションランプは前期型リフトバックのアイコン的装備。
KINTOの旧車レンタカーはセリカのラインナップが充実しており、初代のクーペや6代目セリカGT-FOUR(ST205)も貸し出し中。派生モデルのセリカXXや歴代スープラのレンタルもされている。
●画像クリックで本編へ

セリカの正面の姿

セリカ リフトバックのフロントビュー。発売当時のリリースには「現行セリカのイメージを残しつつ、四灯式ヘッドランプ及び車幅灯の左右の間隔を広げてより安定感をもたせ、機能的なラジエターグリルにマッチした一層精悍で個性的なものとした。」と記されている。
●画像クリックで本編へ

セリカ リフトバックのテールゲート

リアウインドウ下に「リフトバック」のマークが光るテールゲート。ぱっと見た限りでは後方視界を遮ってしまいそうなリアウインドウルーバーだが、ルームミラーで確認すると、さほどその存在が気になることはなかった。
●画像クリックで本編へ

セリカの給油口

試乗したクルマは、テール部の「GT 2000」のマークがあるパネル部分をめくったところに給油口があった。

ボディの各所に設けられたダクトやルーバーのデザイン

エンジンフードの両サイドには、換気用のエアアウトレットルーバーを設置。クォーターウインドウ後部に設置した室内換気用のベンチレーションルーバーとあわせ、機能と力強いデザインを両立させることに成功した。

セリカのエンブレム

ボディ側面に貼り付けられたエンブレム。車名のセリカとは、スペイン語で「天の」「天空の」「神の」「天国のような」という意味。エンブレムは飛龍をかたどったもの。

見た目も美しくレストアされた18R-Gエンジン

セリカのエンジン

試乗したクルマは18R-G型2リッター直列4気筒エンジンを搭載。当時のカタログによるとハイオク仕様の最高出力は145ps/6400rpm、最大トルクは18.0kg-m/5200rpmを発揮する。
●画像クリックで本編へ

セリカのタイヤホイール

ハヤシレーシングのホイールに、195/50R15のダンロップ・DIREZZAを履く。サスペンションはローダウン化されており、後付けのオーバーフェンダーを装着していた。

黒一色にナルディのウッドステアリングが映える、セリカのインテリア

セリカのインパネ

レストア時にパワーステアリングを追加。速度計とタコメーターは大きく、その左側には燃料計や水温計など3つのメーターが並ぶ。インパネの多くの面積をアナログメーターが占めるのはいかにも旧車らしい。
●画像クリックで本編へ

セリカのシフト

レストア時に5速MTにも手が入れられており、扱いやすさにつながっている。

セリカのUSBポート

シフトノブの奥にはUSBのポートが新設されていた。目立たないように設置されており、旧車の雰囲気を壊さないよう配慮されている。

セリカのフロントシート

前席はヘッドレスト一体型のバケットシート。座面とシートバックにある8つの穴は、通気性向上のためのエアホール。
●画像クリックで本編へ

セリカのリアシート

後席は広くはないが、プラス2のスペースが確保されている。シートバックを倒すと「ミニバイクや船外機などの大型レジャー用品をゆうゆう積み込める」(当時のカタログより)ほどの広々としたラゲッジフロアが確保できる。

セリカが走る姿

スポーティーな走りとユーティリティを兼ね備えたセリカ リフトバック。しっかりとメインテナンスされており、豪快な走りを楽しむことができた。
●画像クリックで本編へ

その旧車、レンタルさせてください セリカ リフトバック2000GTの本編はこちら

日産・サニートラックのフォトギャラリーはこちら

ローバー・ミニのフォトギャラリーはこちら

この記事はいかがでしたか?
この記事のキーワード
あなたのSNSでこの記事をシェア!