ドライバーのお悩み解決! 菰田潔の運転レッスン

バックのハンドル操作、迷うことなくできますか? 動画で徹底解説

どっちに切る? どれくらい切る? バック時の悩みを解消!

菰田 潔(モータージャーナリスト)
2024.06.11

モデル=宮ノ下貴子

2024.06.11

モデル=宮ノ下貴子

この記事のキーワード
この記事をシェア
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

車庫入れや、狭い道で譲る際にバックをしたとき、ハンドルを切っても思い通りの位置にたどり着けない……なんて経験、ありませんか? バック走行は、後ろを向いて操作していることに加え、ハンドルで操作し、舵を取るタイヤが後ろにくるため感覚がつかみづらいと感じる方が多いようです。今回は、バック走行を動画でわかりやすく説明。ハンドル、タイヤ、そして車の動きを確認しましょう。講師はドライビングインストラクターの菰田潔さん、生徒役は宮ノ下貴子さんです。

詳しい動きがよくわかる! バック走行を動画でチェック

ハンドルを右に切ると、弧を描いて頭は左へ…
ハンドル操作の考え方

ハンドルの動きを解説する講師

「バックの際に、ハンドルをどちらに回すか混乱してしまう……」という方は、「ハンドルを切った側にタイヤが向く」ことをイメージしましょう。ハンドルを右に切ってバックすると、弧を描きながらフロントは左側に動き、車のおしりは右側へ向きます。前進するときも、バックするときも「右に行きたい場合は右に切る」が原則です。また、バックのときも前回学んだ1、2、3のハンドルアクションでハンドルを切れば「どちらにどのくらいハンドルを切っているか」と悩むことはなくなります。

バックモニターを注視しすぎず
必ず周囲の目視確認を

バックを開始する前には、まず駐車する位置を目視で確認。操作中も、バックモニターを注視しすぎず、ドアミラーやルームミラー、そして目視で周囲の確認を怠らないよう気を付けましょう。バックモニターの画像は、周囲の環境すべてを正確に反映しているとは限りません。ハンドルを切ってバックした場合、外輪差により車体前部をぶつけるという思わぬ事故が発生する危険性があります。

  • この企画で紹介しているのは、菰田潔さんの運転メソッドです。JAFの見解とは異なる場合があります。

バック操作についての記事はこちら

JAFでは、交通安全とエコドライブの普及・啓発のためにさまざまな講習会を行っています。また、ウェブを活用した交通安全トレーニングや調査・実験データなど情報を提供しています。ぜひご覧ください。

PR

「JAFトレ」ことJAF交通安全トレーニングでは、交通安全教育の教材をeラーニング形式で提供します。
従業員の皆様の学習結果を蓄積・管理することで、企業・団体の安全運転管理をお手伝いいたします。

菰田 潔

こもだ・きよし モータージャーナリスト、日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会長、BOSCH認定CDRアナリスト、JAF交通安全・環境委員会委員など。ドライビングインストラクターとしても、理論的でわかりやすい教え方に定評がある。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?