撮影=荒川正幸

日産・スカイラインGTーR(BNR32) フォトギャラリー

旧車レンタカーの日産・スカイラインGT-R(BNR32型、以下GT-R)は、豪快な加減速と高いコーナリング性能を持ち味にした、運転が楽しいスポーツクーペでした。ここでは、そんなGT-Rの魅力を写真で紹介します。

目次

高性能であることを隠さない、GT-Rのエクステリア

GT-Rのフロント部分

フロントライト間のグリルが、正面から見たGT-Rの識別ポイントのひとつ。バンパーは、ナンバー上端の左右にエアインテークがあるNISMO仕様に交換されている。
●画像クリックで本編へ

GT-Rのテール部分

大型のリアスポイラーが目を引くテール部分。丸型4連のテールランプは、“ケンメリ”の愛称で親しまれた4代目スカイラインから引き継がれている。試乗したレンタカーは、マフラーを社外品に交換しているという。
●画像クリックで本編へ

GT-Rの側面

発売当時のニュースリリースには「『高性能スポーツセダン』としての性能を究極まで追求したモデル、としてGT-Rが設定された」と記されていたが、スポーツカーとしても高い評価を受けた。タイヤサイズは225/50R16で、純正の鍛造アルミホイールを履く。

スカイラインのエンブレム

GT-Rのエンブレムはトランクリッドに付く(左)。フロントの左右フェンダーにはスカイライン伝統のGTエンブレムが貼り付けられていた(右)。“赤バッジ”とも呼ばれる赤いGTエンブレムは、高性能モデルであることを示すものだ。

異次元の速さを達成したR32・GT-Rのエンジン、足まわり

GT-Rのエンジンルーム

直列6気筒のRB26DETTエンジンはこのモデルでデビュー。その後R34まで3世代にわたってGT-Rに搭載された。製造から30年を迎える個体だが、非常にパワフルなのが印象的だった。
●画像クリックで本編へ

GT-Rのサスペンション

R32型スカイラインでは、4輪マルチリンクサスペンションを採用。90年までに世界一の技術を持つ車をつくるという日産の901運動がもたらした果実のひとつである。

外観同様にスポーティーな、GT-Rのインテリア

GT-Rのインパネ

インパネ中央には右からターボブースト計、油温、電圧計の3連メーターが並ぶ。2DINサイズのカーナビを収納するため、エアコンの操作ユニットはコンソール部へ移設されている。
●画像クリックで本編へ

GT-Rのリアシート

「狭い」というイメージがつきまとうGT-Rのリアシートだが、頭上空間や足元のスペースに想像以上の広さのスペースがあった。
●画像クリックで本編へ

GT-Rのキーとペダル

お借りしたGT-Rでは、キーやブレーキペダル、クラッチペダルにもRの文字が彫り込まれていた。

GT-Rのトランク

トランクの開口部は高め。ボディ剛性確保のためにバンパー部からトランクリッドが開かない車が、当時は少なくなかった。

GT-Rが走り去る姿

日本車ヴィンテッジイヤーとされる1989年に登場したGT-R。30年以上前にこれだけの高い動力性能を達成した技術力に、改めて驚かされた。
●画像クリックで本編へ

その旧車、レンタルさせてください 日産・スカイラインGT-R(BNR32)の本編はこちら

ローバー・ミニのフォトギャラリーはこちら

トヨタ・セリカGT-FOUR(ST205型) フォトギャラリーはこちら

この記事はいかがでしたか?
この記事のキーワード
あなたのSNSでこの記事をシェア!