エクササイズ

膝の痛みをセルフケア 膝痛解消エクササイズ【1】 内側広筋エクササイズ

モデル野沢和香のワンポーズ・ヨガ

野沢和香
2023.01.08

撮影=小林大介 ヘアメイク=chiSa(SPEC) 衣装協力=すべて本人私物

2023.01.08

撮影=小林大介 ヘアメイク=chiSa(SPEC) 衣装協力=すべて本人私物

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

日々の安全運転には心身ともに元気な状態でハンドルを握ることが大切。しなやかで健やかな体づくりのヒントとなる、ご自宅でも簡単に実践できるヨガのワンポーズを、モデルでヨガ講師としても活躍する野沢和香さんにお伺いします。

膝関節の痛みは内もも×
内側広筋(ないそくこうきん)強化で解決

年齢を重ねると膝に痛みを感じたり、運動を始めたものの膝を痛めてしまって辛(つら)いという人は多いもの。膝はデリケートで痛めやすい部位なのです。膝痛の原因はさまざまですが、内側広筋の固まり(萎縮)がその一因と言えます。内側広筋は太ももの内側にある筋肉で、膝関節の伸展(伸ばす動作)に関わっています。これを鍛えると、下半身が強化され、踏ん張る力がアップします。エクササイズで内側広筋を鍛えましょう。

膝の筋力低下と萎縮をエクササイズで改善!

膝痛ケアのポイントとなる内側広筋を強化するには、膝上方の内側のふくらみの部分を収縮させるエクササイズをしたり、太ももの筋力を付けることが有効です。片足ずつ、ポーズによってつく角度を利用したエクササイズを紹介するので、内側広筋の位置を意識して“動き”を感じましょう。

※エクササイズは無理せず、痛みを感じたり気分が悪くなったら中止してください。

●意識するポイント

内側広筋の位置

膝頭の2.5cm上、内側へ3cmの位置

爪先の角度で内側広筋へ直接刺激

マットに足を乗せて座る女性

膝を伸ばして座り、膝の下に丸めたヨガマット(10㎝程度の高さ)を置く。右の爪先は外側に傾ける。

爪先を傾けた右足

マットから傾けた右足を上げた女性

爪先を外側に傾けたまま、膝を伸ばし、足を上げて10秒保ち、下げる、を3回行う。左足も同様に。

太もも全体に効くエクササイズ

足を伸ばして座り、膝の下に丸めたヨガマットを置く。今度は爪先はそのまま天井に向けておく。

爪先を傾けていない右足

マットから右足を上げた女性

マットから右足を上げて10秒保ち、下げる、を3回行う。左足も同様に。

野沢和香

のざわ・わか 1977年生まれ。ファッション誌『STORY』のレギュラーモデル。全米ヨガアライアンスの資格を取得し、ヨガ講師としても活躍する。

YouTubeチャンネルでも野沢和香さんのヨガの動画が視聴できます。

YouTubeチャンネル「WAKA NOZAWA」

この記事はいかがでしたか?