エクササイズ

脱テレワーク太り! 運動不足解消ヨガ【3】ウエストが締まる体側ストレッチ

モデル野沢和香のワンポーズ・ヨガ

野沢和香
2022.12.22

撮影=小林大介/ヘアメイク=chiSa(SPEC)

2022.12.22

撮影=小林大介/ヘアメイク=chiSa(SPEC)

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

日々の安全運転には心身ともに元気な状態でハンドルを握ることが大切。しなやかで健やかな体づくりのヒントとなる、ご自宅でも簡単に実践できるヨガのワンポーズを、モデルでヨガ講師としても活躍する野沢和香さんにお伺いします。

テレワークでなまった体をヨガでリセット!

テレワークが日常化し、すっかり家にこもりがちになってしまった、歩かなくなったなど、テレワーク太りに悩む声をよく耳にします。働く環境が変わっても高いパフォーマンスを出すには、適度な気分転換が必要です。そこで紹介したいのが、休憩時間にできるヨガ。姿勢をリセットしたり、呼吸を深くするなど、短時間で“やる気のスイッチ”が入るポーズを集めました。

短時間で血流アップ! 体が目覚めるヨガに挑戦

運動習慣がない状態から一気にハードなことをしようとしても続きません。小さなことから始めてみましょう。4つのポーズ(ストレッチ)は一日のどのタイミングで行ってもよいものです。朝起きた直後、仕事の休憩時間など気分を変えたいときに行うと、血流がよくなり心身がリフレッシュされます。軽い散歩やその場でジャンプするだけでも立派な運動。さっそくやってみましょう!

※ヨガは無理せず、痛みを感じたり気分が悪くなったら中止してください。

背筋を伸ばして正座して、息を吐く。

息を吸いながら腰を持ち上げ、左手を体の前から半円を描くように右斜め上まで持ち上げる。左の体側(たいそく)が伸びるのを感じながら、右手は床に添えて体を支え、顔は天井に向けて3呼吸保つ。息を吐き、腰を下ろして息を吸いながら、今度は右腕を上げて反対側も同様に。完全に座らず、腰をバウンドさせるように上下させてテンポよく左右の体側を伸ばすのがポイント。左右ワンセットで5回行う。

野沢和香

のざわ・わか 1977年生まれ。ファッション誌『STORY』のレギュラーモデル。全米ヨガアライアンスの資格を取得し、ヨガ講師としても活躍する。

YouTubeチャンネルでも野沢和香さんのヨガの動画が視聴できます。

YouTubeチャンネル「WAKA NOZAWA」

この記事はいかがでしたか?