レシピ

明太ポテト

川津幸子さんの「これ、作ってみて!」

川津幸子
2022.05.14

撮影=岡本真直 スタイリング=綾部恵美子 料理・文=川津幸子

2022.05.14

撮影=岡本真直 スタイリング=綾部恵美子 料理・文=川津幸子

この記事のキーワード
この記事をシェア

ゆでてほくほくのじゃが芋と、ほんのりにんにくのきいた明太子ペーストの相性が抜群。
いわば、ギリシャの名物料理タラモサラタの簡単版です。全体をざっくり混ぜ合わせてもおいしく、お酒を飲まない人も、子供たちも、新しいポテトサラダとして楽しめます。お酒派なら、やっぱり白ワインかな。

材料(4人分)

作り方

じゃが芋をゆでるときは、ゆで汁にじゃが芋のうまみが出ているので、できるだけゆで汁を捨てないのがベスト。そのためには、最初に加える水をじゃが芋がひたる程度にし、落としぶたをしてゆでると、少ないゆで汁でむらなく火が通ります。途中で一度じゃが芋をひっくり返すのもお忘れなく。

じゃが芋がゆで上がったときに、ゆで汁がなくなっているのが理想。これを再び火にかけてから炒りし、ほくほくにします。

川津幸子

かわつ・ゆきこ 料理編集者、料理研究家。雑誌『オレンジページ』創刊や、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』など数々のヒット作を手掛けた後、1995年から1年間エコールキュリネール国立(現エコール辻東京)でフランス料理を学ぶ。以後は、料理研究家と編集者を兼ねながら、料理の楽しさを伝えている。作る人の視点に立った、簡単でおいしい料理が好評で、『100文字レシピ』シリーズをはじめ、『いつもキッチンからいいにおい』(オレンジページ)、『ごはんよ、急げ!』『さあ、腕まくり』(幻冬舎)、『そろそろ大人のおいしい暮らし』(マガジンハウス)、『100円100品100文字レシピ』(文藝春秋)、『しゃばけごはん』(新潮社)など著書多数。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?