レシピ

手羽元の塩バター煮

川津幸子さんの「これ、作ってみて!」

川津幸子
2023.02.21

撮影=岡本真直/スタイリング=綾部恵美子/料理・文=川津幸子

2023.02.21

撮影=岡本真直/スタイリング=綾部恵美子/料理・文=川津幸子

この記事のキーワード
この記事をシェア
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

調味料は、塩とバターだけ。だけど、これににんにくが加わると、こんなにも食欲をそそる風味になるのかと、作るたびに感心します。わが家でのごはん会でもよく登場するのですが、あっという間に骨の山ができるのが、いちばんの励みです。何をかくそう、わが家では、残った煮汁で味つけした炒飯も、人気。手羽元の代わりに、手羽先や、鶏スペアリブでもおいしく、Aの塩をしょうゆ大さじ2に代えたバージョンも、格好のごはんのおかずになります。

材料(4人分)

作り方

手羽元を骨に沿って開く様子

ひと手間ですが、手羽元を開いてみましょう。味がよくしみるうえ、食べやすくなります。膨らみのある方を手前におき、肉の表面に縦に1本切れ目を入れてから、骨に沿って、両側をハサミで開きます。

しょうゆを絡めて焼き色を付ける様子

香ばしい焼き色がつくよう、鶏手羽元にしょうゆをからめてから、焼きつけます。ただし、焦げやすいので気をつけて。鍋をしっかりと熱くしてから、油を熱するのも、鶏肉がくっつきにくくなるポイントです。

川津幸子

かわつ・ゆきこ 料理編集者、料理研究家。雑誌『オレンジページ』創刊や、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』など数々のヒット作を手掛けた後、1995年から1年間エコールキュリネール国立(現エコール辻東京)でフランス料理を学ぶ。以後は、料理研究家と編集者を兼ねながら、料理の楽しさを伝えている。作る人の視点に立った、簡単でおいしい料理が好評で、『100文字レシピ』シリーズをはじめ、『いつもキッチンからいいにおい』(オレンジページ)、『ごはんよ、急げ!』『さあ、腕まくり』(幻冬舎)、『そろそろ大人のおいしい暮らし』(マガジンハウス)、『100円100品100文字レシピ』(文藝春秋)、『しゃばけごはん』(新潮社)など著書多数。新潮文庫「100文字レシピ」の全シリーズが、電子書籍になって好評配信中。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?