運転中のヒヤリハット

“アブナイ感”があれば、まずアクセルを緩める

「危なかった!」を事故防止に生かす
2022.11.23

文=岩越和紀(NPO法人高齢者安全運転支援研究会・理事長)/イラスト=平尾直子

2022.11.23

文=岩越和紀(NPO法人高齢者安全運転支援研究会・理事長)/イラスト=平尾直子

この記事をシェア
一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会 グッドオアシスキャンペーン

突発的なことやミスにヒヤリとしたり、ハッとする心理が「ヒヤリハット」。一件の交通事故の裏には数多くのヒヤリハットがあるとされ、そんなヒヤリハットを認識・共有しておくことが、事故防止には大切だ。このコラムでは、交通安全に詳しい専門家が自身の経験や事故事例からヒヤリハットを紹介。安全運転に役立ててほしい。

2台の自転車を追い越そうと思ったが…

片側1車線の道路、左前方に自転車が縦に2台走っている。前方は子供を乗せた電動ママチャリ、後続は宅配自転車だが、前のママチャリを追い抜く勢い。ただ後続の自転車が前のママチャリを追い抜くまでに少し時間があるようだったので、先に2台とも追い越してしまうかで迷う。

何か気持ちにブレーキがかかり、アクセルを緩めた。次の瞬間、前のママチャリの子供が抱えていた傘を落とした。追い越しにかかっていた宅配自転車が驚き、かなり道路の中央寄りで急停止した。当然、こちらも慌ててブレーキとなったが、直前にアクセルを戻し気味にしていたためブレーキが間に合った。

なんとなくではあるが、運転中に“アブナイ感”を察知することがある。たいがいは何も起こらず杞憂(きゆう)に終わるが、予想しなかった危険が起こることもある。やはり、何か危険だと感じたときはまずアクセルを緩め、備えることが大切だ。

特に運転中は“気短傾向”が出て、前へ前へと自分を煽(あお)りがちだ。ここはアドレナリンを抑えて、冷静な運転脳を磨こう。

指をさす男性

少しでも危険と感じたら、アクセルを緩める。

JAF会員限定! 特別プレゼント

交通安全DVDセーフティシアター

「交通安全DVDセーフティシアター」
Vol.1~3の3本セットを抽選で5名様にプレゼント!

・プレゼント内容:交通安全DVDセーフティシアター
・応募方法:下記応募フォームをクリックしてログインIDとパスワードを入力。
※応募にあたってはJAFマイページと同じID・パスワードでのログインが必要です。
・当選者数:5名(発表は発送をもって代えさせていただきます)
・応募締切:2022年12月5日

実技・座学講習会情報

安全運転講習会の様子

JAFでは、一般ドライバーからシニアドライバー、企業や学校を対象にした各種安全運転講習会を開催しています。実技講習会ではふだんとは違う運転操作や車の挙動を体験することで、ご自分の運転技量の確認や車両特性が把握できます。座学講習では会社内での交通事故防止や、学校での自転車事故防止などに役立つ知識をお教えします。詳しくは下記をクリック!

ウェブによる交通安全トレーニング

JAFでは、ウェブでもさまざまな交通安全トレーニングを行っています。「危険予知」の実写版など動画によるコンテンツが多数あり、ご自分の運転能力や適性を継続的に把握し、安全運転の意識や知識が高められます。また、個人向けだけでなく、企業や職業ドライバーなどの社内教育にも活用できます。詳細は下記をご覧ください。

この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?