エクササイズ

代謝アップで痩せるハードヨガ【4】ブリッジ

モデル野沢和香のワンポーズ・ヨガ

野沢和香
2022.10.29

撮影=小林大介 ヘアメイク=chiSa(SPEC) 衣装=すべて本人私物

2022.10.29

撮影=小林大介 ヘアメイク=chiSa(SPEC) 衣装=すべて本人私物

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

日々の安全運転には心身ともに元気な状態でハンドルを握ることが大切。しなやかで健やかな体づくりのヒントとなる、ご自宅でも簡単に実践できるヨガのワンポーズを、モデルでヨガ講師としても活躍する野沢和香さんにお伺いします。

ハードなヨガで痩せ体質を手に入れよう

今回のワンポーズ・ヨガは、体幹(たいかん)を使うハードなヨガ、少し難しいポーズにチャレンジしてみましょう。慣れるまではうまくポーズが決まらないかもしれませんが、簡単なポーズで練習をして、徐々に体を慣らしていけば大丈夫。4つのポーズは全身の筋肉を使うため、体を活性化し、気持ちを高揚させてくれる効果があります。痩せやすい体作りにも! ストレッチで体をウォーミングアップしてから行ってくださいね。

背中を反らせて全身の代謝をアップ

「ダンサーのポーズ」、「ブリッジ」は、いずれも背中を反らせて身体の前側を伸ばす「後屈」のポーズ。うつ症状や腰痛を軽減する効果があります。やる気をアップしたいときや、前かがみの姿勢の矯正にもなるので、仕事の休憩時間に行ってもいいですよ!

※ヨガは無理せず、痛みを感じたり気分が悪くなったら中止してください。

あお向けに寝て両膝を立て、足は肩幅に開き、両手のひらを床につける。

両肘が外側に開かないように下腹を引き締め、ゆっくりと息を吐き、両足の踵(かかと)に重心を移し、少しずつ腰を持ち上げる。腰や背中に痛みを感じたら、無理をせずこのポーズで3呼吸保っても可。少しずつ体の前側を伸ばす。

両手と両足で床を強く押し、お腹を伸ばすようにして、体全体を反らせながら胸をできるだけ高く持ち上げる。高い位置まで上げた状態で、3呼吸保つ。肘と膝が外側に開かないよう意識をすることがポイント。息を吐きながら頭から首、背中、腰の順番で床につけていき、元の姿勢に戻す。

野沢和香

のざわ・わか 1977年生まれ。ファッション誌『STORY』のレギュラーモデル。全米ヨガアライアンスの資格を取得し、ヨガ講師としても活躍する。

YouTubeチャンネルでも野沢和香さんのヨガの動画が視聴できます。

YouTubeチャンネル「WAKA NOZAWA」

この記事はいかがでしたか?