みんなの本音を大調査!JAFMate総研

くしゃみであわや大事故に!? 花粉症×車のお悩み、トラブルを大調査

涙、涙の花粉エピソードから 車内の対策に洗車のコツ、くしゃみを止める裏ワザ?も

2024.03.03

漫画=いぢちひろゆき/図版=宮原雄太

2024.03.03

漫画=いぢちひろゆき/図版=宮原雄太

この記事のキーワード
この記事をシェア
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

春とともに、今年も花粉が飛散する季節がやってきました。JAF Mate総研の調査によると、「あなたは花粉症ですか?」にYESと回答したのは46%と、JAF会員のほぼ2人に1人が花粉症の自覚があることが判明! そこで今回は、みなさんの車の花粉症対策や車内で快適に過ごすコツを大調査。少しでも春を快適に過ごしたい方、ぜひご一読ください!

花粉症漫画前半

2人に1人が花粉症の自覚アリ!
究極の花粉対策は…

花粉症グラフ

「あなたは花粉症ですか?」の問いに「YES」と回答したのは46.0%。都道府県別で見ると、群馬県の61.5%をトップに関東地方では53.8%、中部地方では48.8%の方が「花粉症の自覚がある」という結果となりました。

  • 春先、気候が良かったので、窓を全開にして運転していたら、突然目がかゆくなり、運転に支障が出てきたので、慌てて車を停めました。花粉症デビューでした…。(群馬県・50歳代・男性)
  • 「花粉症なんぞ都会病!」とタカをくくっていたところ、3年前に自家用車で旅行中に突然の連続くしゃみ、止まらない鼻水、目のしょぼしょぼで運転不能となり、あわてて道沿いの耳鼻咽喉科に飛び込んだところ「立派なスギ花粉症」と診断された。その晩は海鮮料理の予約をしていたがまったく食欲がなく、ホテルのベッドでダウン。翌日に楽しみにしていた温泉も中止。散々な目にあった。(山口県・60歳代・男性)

と、ドライブがきっかけで花粉症を発症したエピソードのほか、

  • 日光に車で旅行に行ったときスギ並木を走行していたら、目で見てわかるほどの大量の花粉が舞っていた。天気も心地良く、窓全開での走行日和でしたが、急いで窓を閉めました。(神奈川県・50歳代・男性)
  • 花粉症は「長い時間花粉に触れていると発症が早い」という説を最近聞きました。若い頃、バイクで探し回ってまで林道ツーリングした事が影響しているかも……。(東京都・60歳代・男性)
  • 自分の体質は2、3月より4、5月の方がひどくなる。ヒノキ、ブタクサに反応していると思う。この時期は洗車もキツくなる。車が黄砂、花粉だらけでガサガサしていて嫌になる。(徳島県・50歳代・男性)

と、車やバイクと花粉の関わりにため息をつく人も。
中には、

  • 職場でアルコールチェックをするためにマスクを外すと鼻水がタラリ……。同僚の前で恥ずかしい顔をお見せしました。(北海道・50歳代・男性)
  • 友人の猫をなでているときにくしゃみが出て、猫が驚き私の手をひっかいて逃げた。先日は芦ノ湖でルアー釣りをしているときにくしゃみが出て、ニジマスを釣り上げる寸前でバラしてしまった。(東京都・60歳代・男性)
  • 化粧中、マスカラをつけた瞬間くしゃみ!マスカラが乾く前に目をぎゅっとつぶってしまい、上まぶた、下まぶたにまるでアニメのようなまつげが付いてしまいました。(愛知県・40歳代・男性)
  • 花粉が最初に飛散するような地域に住んでいます。毎年この時期になると、それほど離れていないところに住んでいる人から「花粉が辛いでしょう」と、“花粉マウント”を取られます。(東京都・30歳代・男性)

と、二次的な被害に「うんざり」している方の経験談もありました。

一方で、森林面積に対するスギ・ヒノキの割合が低い北海道、沖縄県ではやはり花粉症を自覚する方の割合は低く(北海道・19.1%、沖縄県・14.6%)、中には

  • 北海道函館市に居住していた14年間、花粉のことはほぼ気にならなかった。しかし退職した年の3月末、茨城県に戻るためにフェリーに乗り、青森県に着いた翌朝からひどい目にあった。(茨城県・60歳代・男性)
  • 息子が沖縄県勤務で、花粉症とは無縁の生活。とてもうらやましい!(埼玉県・60歳代・男性)

との声もありました。今年の春は、北海道か沖縄県へ旅行してみるのもいいかも?
また、

  • 花粉症が、年齢を重ねるごとに、軽症になりました。(愛知県・70歳代・男性)
  • 母がひどい花粉症だったが、75歳を過ぎた頃から症状が少しずつ減ってきて、近年はかなり楽そう。(大阪府・50歳代・男性)

と、年を重ねるにつれ症状が軽減したという声も多数。アンケート調査でも、花粉症を自覚しているのは24歳以下の60.9%をピークに、30歳代は55.5%、40歳代は51.2%、50歳代は48.2%……と緩やかに下降し、80歳代以上では36.1%という結果に。
わずらわしい花粉症ですが、将来の改善に期待し、今年もなんとか乗り切りましょう!

くしゃみでの事故に要注意!
みんなの車の花粉対策は…

花粉症の方にとっては外に出ることも億劫(おっくう)になってしまいそうな季節。車の運転にも花粉の影響がある方も多く、

  • 以前、高速道路でくしゃみを連発。くしゃみ中に一瞬目を閉じるので、渋滞の最後尾の車に気づくのが遅れて怖い思いをしました。それ以来、花粉の季節は極力高速道路の利用は避けています。(埼玉県・50歳代・男性)
  • 春先にバイクに乗って山をツーリングしていると、大量の花粉に見舞われました。両手がふさがっているので、フルフェイスのヘルメットの中は鼻水と涙だらけで、大変でした。(三重県・50歳代・男性)

と、運転に支障が出たという方も。花粉の季節、運転はいつも以上に気を付けてください!
車の花粉対策として、まず車内に花粉を入れないためには、

  • 以下を心がけている。①走行時は窓を開けない、②換気は内気循環モード、③室内の清掃、特に床マットは細かく実施、④車に乗り込む前に上着をはたいて花粉を落としてから。(愛知県・60歳代・男性)
  • 車用の空気清浄機を置いている。(東京都・60歳代・女性)
  • エアコンのフィルターは防塵効果が高いものにし、こまめに交換。1週間に一度は車内も水拭き。これで快適です!(神奈川県・70歳代・男性)
  • 外からなるべく空気が入らないよう、ドアの開け閉めは手短にして、運転時はマスクを着用。また運転席や助手席のボードやカーナビの画面に花粉がほこりといっしょに積もっているので、濡れたタオルで適宜拭いたりしています。(愛知県・60歳代・男性)

という声が多数でした。車内エアコンは長時間内気循環にしているとCO2が増加し、ドライバーが眠気を催しやすくなる危険性も。内気循環にする場合、こまめに休憩を取るよう心がけましょう。
ボディの花粉対策として「こまめな洗車」が大多数。

  • 花粉は、タンパク質を含むので、時間が経過するとこびりつく。ぬるま湯で洗車すれば落ちやすい。(京都府・50歳代・女性)
  • 洗車したら、濡れたままふき取りと同時にコーティング。私の車の場合は、滑水性のコーティングだとほとんど花粉がこびりつかず、雨で流れていました。(宮城県・60歳代・男性)
  • 手洗いで洗車するとき、特に開けたドアの下や横、また、エンジンルームと車室を隔てるバルクヘッド部分や、リアハッチの上部ヒンジ部分など、花粉が溜まりそうな部分は念入りに洗う。(福井県・60歳代・男性)
  • 降雨時には入庫後、速やかに水道水をぶっかけて花粉シミ・斑点の予防に努めています。(大阪府・70歳代・男性)
  • 静電気で花粉が車体に張り付くので、静電気を除去する効果があるというアルミのテープを車体のいろいろなところに貼っています。(東京都・50歳代・男性)

など、さまざまな対策が寄せられました。
くしゃみでお悩みの方も多いと思いますが、最後に耳寄り(?)な情報をいただきましたのでご紹介します!

  • あるとき、どこかでタレントの加藤茶さんのギャグ「加トちゃんぺ」のように、鼻の下を押さえるとくしゃみが止まると聞き、くしゃみをしたいときは「加トちゃんぺ」をしています。これを知った私は、喜び勇んで会社の安全委員会で報告し、実演もしたものの、よくよく考えれば偉い人たちもいる中で「加トちゃんぺ」をしていました……。でも真面目な委員会で目新しく感じたのか、結構覚えてもらえたので良かったです。(三重県・30歳代・男性)

効果のほどは「?」ですが、くしゃみでお悩みの方、ご自宅で試してみてはいかがでしょうか? ドライブが楽しくなる季節、安全に気を付けて楽しい春を過ごしてくださいね。

花粉症漫画後半

春のおでかけについての記事はこちら

あなたの知りたいテーマを大募集!

交通事情から日常の小さなことまで。JAF会員へのアンケートから、世の中の潜在意識をちょっとだけ明らかにして好評をいただいている「JAF Mate総研」では、あなたの知りたいテーマを大募集。「キープレフト、していますか?」「人気のSA・PAは?」「全国で一番食べられているラーメンは何味?」など、何でもOK。あなたが日本全国のJAF会員に聞いてみたいテーマを、JAFMate総研が調査します! 下の応募リンクより、「①あなたの知りたいテーマ ②テーマに沿った質問と回答選択肢」をお送りください。採用された方にはクオ・カード(5,000円分)をプレゼント! ぜひご応募ください(同じテーマ案が複数あった場合は抽選となります)。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?