インタビュー「ドライブしない?」

水原希子「自分で運転して初めて気づいた。東京でもこんなに穏やかな気持ちになれること」

水原希子インタビュー
2022.04.11

取材・文=鴨居理子/撮影=鈴木大喜/ヘア=Waka Adachi/メイク=Tamayo Yamamoto

2022.04.11

取材・文=鴨居理子/撮影=鈴木大喜/ヘア=Waka Adachi/メイク=Tamayo Yamamoto

この記事をシェア

女優、モデル、デザイナーとしてマルチに活躍する水原希子さん(31)。13歳でモデルとして芸能活動を開始し、19歳で映画『ノルウェイの森』(2010)で女優デビューして以降、さまざまな話題作に出演してきました。
そんな水原さんは2018年にそれまで所属していた事務所から独立。新たなスタートを切っています。
アート、ファッション、音楽、カルチャー……さまざまな分野で表現を続ける彼女の“現在地”とは? 愛車の「テスラ・モデル3」を運転しながら語っていただきました。

車は本当にプライベートな
“無”になれる空間

トンネル走行シーン

2020年春に普通運転免許を取得し、今ではほぼ毎日運転しているという水原希子さん。
「主演を務めたNetflixの映画『彼女』で運転するシーンがあったので、免許を取ることにしました。一人で自動車教習所に行くのは寂しかったので、妹の佑果も道連れ(笑)にして。2人で教習所のある多摩川沿いを自転車で走って通っていると、学生に戻ったみたいで楽しかったです」

愛車を迎えると、ライフスタイルは一変したという。
「私にとって、自分の車は本当にプライベートな空間。中にいるだけで癒やされます。家だと『洗わないといけない食器がたくさんたまってる……』とか『明日の準備をしなくちゃ』とか、いろいろとやるべきことに追われてしまうけれど、運転中はそういうことをすべて忘れて“無”になれる。今ではどれだけ大変な仕事を終えたあとでも運転したいですね」

水原さんの自慢の愛車は「テスラ モデル3」。
「私なりに環境問題にも取り組んでいて、買うなら電気自動車と決めていました。今は充電スタンドが少なかったり、ちょっと不便な点もあるけれど、これがNew Future(新たな未来)になっていくんだろうなと思います。運転の腕前は……実は、今でもたまにタイヤを擦ってしまうことがあるんですが(笑)、だいぶ感覚をつかめてきたと思います。最初にボディに傷をつけちゃったときはすごくショックでした。『あぁ、どうしよ~!』って。でも、逆になんだか諦めがついて、ビクビクせずにどんどん乗ろうって気持ちになれたから、よかったかも」

音楽好きな父と歌った
ドライブの記憶

アメリカ国籍の父を持つ水原さん。幼き日のドライブの思い出を明かしてくれた。

「幼稚園のときは、父が車で幼稚園の送り迎えをしてくれていました。父は自由人で、音楽が大好き。英国ロックバンドのクイーンやビートルズを大音量でかけて、車の中ではよく2人で大声で歌っていました。完全にそのときの影響で、私も車に乗ると音楽を聴きたくなる。ノッてくると踊り出したくなっちゃいます(笑)」

妹の佑果さんともよくドライブをするのだとか。
「妹とは仲の良い友達みたいに、何でも話題を共有しています。好きなものが似ているので、最近見たエンターテインメントの話とか、時にはお互いの恋愛の話も。妹はDJや楽曲制作を仕事にしているので、『最近、作った曲があるんだけど』って聴かせてくれたりします。一緒に車に乗ると、どっちがカーステレオの主導権を握るかで一瞬揉めますけど(笑)」

16歳で上京
家賃6万円の一人暮らし

16歳で神戸から上京した水原さんは、学芸大学駅周辺で初の一人暮らしをスタートさせたという。

「家賃6万円くらいの狭いワンルームでした。一応オートロックで、風呂・トイレ別の物件。当時はお金が本当になくて、家具や家電を満足に揃えられないほどだったので、当時の事務所の方がいろいろとプレゼントしてくれて。そのおかげで生活できていたと思っているので、今でも感謝しかないです。10代のころは仕事関係の方や事務所の方があちこちご飯に連れて行ってくれたり、東京のカルチャーシーンを見せてくれました。そのときの体験が、今の活動にも生きています」
上京して10年以上が経つが、「まさか自分が東京を車で走るとは想像していなかった」という。

「東京のことはすごく知っている、という気持ちでいたけど、自分でハンドルを握って車で走ると、感じ方が全然違うんですよね。運転免許を取りたての頃は『狭い道や複雑な交差点にヒヤヒヤする』と思っていたけど、最近では運転中にプライベートな時間を満喫できて、逆に『東京にいても、こんなに穏やかな気持ちになれるんだなぁ』って気付けました」

自分に合った着こなしで
オリジナルな人生に

水原さんのインスタグラムのフォロワーは640万人超。国内外から、そのファッションや発言に注目が集まっている。そんな彼女が、ファッション面で羨望する芸能界の先輩を明かす。

「おしゃれな方というと、YOUさんが真っ先に思い浮かびます。いろいろとアイテムを揃えてみても、自分がその服やバッグに気を使ってしまっている状態だと、やっぱり楽しめないんですよね。その点、YOUさんは服が身体に馴染んでいる感じ。本当にファッションが好きで、コレクションもすごくたくさんお持ちなんだろうなって思います」

自身のスタイルについては、「自分が心地いい体形でいることが一番」と言い切る。
「どの体形が自分にとって一番健康的であり、見た目にもしっくりくるか?それを探求できたらいいですよね。肉付きが良いとセクシーだったりもするし、絶対に『痩せている=キレイ』ではないと思っています。自分なりの心地よいフォルムを見つけて、それにしっくりくる着こなしを見つけられたら、オリジナルな人生になるような気がしています」

水原希子さんの「ドライブ中に聞きたい5曲」はコチラ!

  • Sun Ra『Hour of Parting』……朝に聴きたい一曲。自律神経が整いそうな印象があります。
  • エマーソン北村『帰り道の本』……RPGのゲーム音楽みたいな印象があります。私はこの曲を聴くと、なんだか泣けちゃうんです。
  • Rochelle Jordan『Love You Good』……高速道路を走行するときとか、ある程度スピードが出ているときに聴きたい曲。
  • Detroit In Effect『Shake A Lil Faster』……テンションが上がって、踊り出したい気分になります!
  • Chicago『Street Player』……力強くて、リズミカル。とっても好きな曲です。

(クリックすると、音楽配信サービスSpotifyで楽曲の一部を試聴できます。)

会員限定 水原希子さん直筆サインプレゼント

色紙を持つ水原

水原希子さん直筆の「ドライブしない?」特製サイン色紙を、抽選で3名様にプレゼントします。
・プレゼント内容:水原希子さん直筆特製サイン色紙

応募期間は終了しました。

※オークションサイト、フリマアプリなどでの転売を禁止します。

水原希子

みずはら・きこ 1990年10月15日、米テキサス州ダラス生まれ。兵庫県神戸市育ち。2003年よりモデル活動をスタート。2010年に映画『ノルウェイの森』で映画デビュー。自身がプロデュースするブランド「OK」を立ち上げ、女優、モデルのほかデザイナーとしても活躍。

この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?