レシピ

牛タンのねぎ塩だれ

川津幸子さんの「これ、作ってみて!」

川津幸子
2023.01.24

撮影=岡本真直 スタイリング=綾部恵美子 料理・文=川津幸子

2023.01.24

撮影=岡本真直 スタイリング=綾部恵美子 料理・文=川津幸子

この記事のキーワード
この記事をシェア
一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会 グッドオアシスキャンペーン

刻んだねぎに塩をからめ、熱いごま油をジュッとかけたのが、ねぎ塩だれ。これを焼き立ての牛タンにのせて、レモンをキュッと搾ると、思わず頬がゆるみます。そもそもは、焼肉店で牛タンを注文したとき、上に乗った刻みねぎが、焼くとこぼれてしまって、もっとあったらいいのにと、薬味に考えたものです。熱い油に出会ってほんのり火の通ったねぎが、いい味を出しています。

材料(4人分)

作り方

ねぎのみじん切りに熱した油をかける

ごま油を薄煙が立つくらいまで、熱します。これを、塩をからめた刻みねぎにかければ、ねぎ塩だれのでき上がり。かけた瞬間は、ジュッと音がしますが、ひるまず、挑戦してください。

川津幸子

かわつ・ゆきこ 料理編集者、料理研究家。雑誌『オレンジページ』創刊や、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』など数々のヒット作を手掛けた後、1995年から1年間エコールキュリネール国立(現エコール辻東京)でフランス料理を学ぶ。以後は、料理研究家と編集者を兼ねながら、料理の楽しさを伝えている。作る人の視点に立った、簡単でおいしい料理が好評で、『100文字レシピ』シリーズをはじめ、『いつもキッチンからいいにおい』(オレンジページ)、『ごはんよ、急げ!』『さあ、腕まくり』(幻冬舎)、『そろそろ大人のおいしい暮らし』(マガジンハウス)、『100円100品100文字レシピ』(文藝春秋)、『しゃばけごはん』(新潮社)など著書多数。新潮文庫「100文字レシピ」の全シリーズが、電子書籍になって好評配信中。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?