レシピ

サムギョプサル

川津幸子さんの「これ、作ってみて!」

川津幸子
2023.01.21

撮影=岡本真直 スタイリング=綾部恵美子 料理・文=川津幸子

2023.01.21

撮影=岡本真直 スタイリング=綾部恵美子 料理・文=川津幸子

この記事のキーワード
この記事をシェア
一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会 グッドオアシスキャンペーン

焼肉は、牛肉だけにあらず。初めて韓国焼肉店で、サムギョプサルを食べたときは、「こんな焼肉もあったの!」と、そのおいしさに驚きました。いっしょにいた豚バラ好きが、今まで知らなくて損したと、しきりに残念がったのを今でも思い出します。うちでは、本場の気分を味わいたいから、豚バラ肉を長く切り、いっしょに白菜キムチも横で焼いて、はさみで切り分けて楽しんでいます。ぜひ、自家製サムジャン(包みみそ)も仲間に入れてください。

材料(4人分)

作り方

サムジャンの材料

サムジャンと言われる、包みみそ。みそは、日本の米みそや麦みそでかまいません。コチュジャンの量は、お好みでどうぞ。

サムギョプサルは、肉といっしょにあれこれ包んで食べるのが楽しくて、おいしい。サムジャン、キムチ、せん切りのねぎのほか、えごまの葉も加えると、ぐっと本格的になります。

川津幸子

かわつ・ゆきこ 料理編集者、料理研究家。雑誌『オレンジページ』創刊や、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』など数々のヒット作を手掛けた後、1995年から1年間エコールキュリネール国立(現エコール辻東京)でフランス料理を学ぶ。以後は、料理研究家と編集者を兼ねながら、料理の楽しさを伝えている。作る人の視点に立った、簡単でおいしい料理が好評で、『100文字レシピ』シリーズをはじめ、『いつもキッチンからいいにおい』(オレンジページ)、『ごはんよ、急げ!』『さあ、腕まくり』(幻冬舎)、『そろそろ大人のおいしい暮らし』(マガジンハウス)、『100円100品100文字レシピ』(文藝春秋)、『しゃばけごはん』(新潮社)など著書多数。新潮文庫「100文字レシピ」の全シリーズが、電子書籍になって好評配信中。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?