自動車交通トピックス

三郷流山有料道路が開通へ。埼玉・千葉県境周辺の渋滞緩和へ期待

開通は2023年11月26日(日)15時

2023.11.21

資料=千葉県

2023.11.21

資料=千葉県

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

三郷流山橋有料道路が2023年11月26日(日)15時に開通する。この道路は、埼玉県三郷市と千葉県流山市を結ぶ延長約2.0km の有料道路だ。道路事業者の千葉県、埼玉県などは、開通によって周辺道路の混雑が緩和できるとしているが、具体的にはどんな効果があるのだろうか。

なぜ三郷流山橋有料道路が必要だったのか

埼玉県三郷市と千葉県流山市の間には江戸川が流れていて、両市間を結ぶ橋として流山橋が架けられている。ところが、両市を跨ぐのは高速道路橋等を除いてこの流山橋1本のみだったことから、この橋周辺では慢性的な交通渋滞が発生していた。この一因としては、つくばエクスプレス沿線の開発により、交通需要が急速に増加したことも関係していたという。このことから、周辺地域では速やかな混雑解決策が求められていた。

渋滞する流山橋の画像

渋滞が慢性化していた流山橋

三郷流山橋有料道路の概要とは

そこで、今回開通する三郷流山橋有料道路が計画され、2013年度に事業着手となった。道路延長はおよそ2kmで、橋の長さは約450m。有料道路のため通行には料金がかかる(歩行者は無料)。
〇通行料金
普通車 150円
中型車 200円
大型車 260円
特大車 410円
軽自動車 100円
軽車両等 20円
※軽車両等は原動機付自転車、自転車などが該当

三郷流山橋有料道路の概要図

三郷流山橋有料道路の開通によって、周辺道路の混雑緩和が期待される

三郷流山橋有料道路の効果と利用方法は

今回の開通によって、市街地間の移動時間短縮が見込まれている。例えば、新三郷駅の周辺所業施設から流山おおたかの森周辺への移動時間は、既設の流山橋を通過した場合30分程度かかっていた。これが、三郷流山橋有料道路を使用することで、10分程度短縮できるとされている。

なお、利用は前述の料金がかかるが、料金所での支払いは現金かキャッシュレス決裁(交通系電子マネーやWAON等)で行う。このため、料金所では決済方法によらず、必ず停止する必要がある。支払い後、バーが開いたのを確認してから通行する。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?