特集

世界が認める「ネクセンタイヤ」、その高い技術力は“価格以上”!

2023.09.08

広告:株式会社ネクセンタイヤジャパン

2023.09.08

広告:株式会社ネクセンタイヤジャパン

この記事のキーワード
この記事をシェア

タイヤを買い替えるとき、タイヤ専門店やカーディーラーで相談してみても、どのタイヤを選べばよいかさっぱりわからなくて困ったことはありませんか?

タイヤは安全につながるものなので安さだけでは選びたくないという方も多いと思います。たとえば、タイヤのスリップやパンクなど不測の事態にも慌てないで済めば、それに越したことはないですよね。タイヤにはさまざまな性能がありますが、信頼できるメーカーの製品をできるだけリーズナブルに選びたいもの。そこで、今回ご紹介するのがグローバルブランド「ネクセンタイヤ」です。ご存じのない方も多いと思いますが、じつはその高い技術力と安定した品質で、世界の名だたる自動車メーカーから高い信頼を得ているタイヤメーカーなのです。

グローバルブランド「ネクセンタイヤ」の実力

ネクセンタイヤは新興メーカーではなく、1942年設立され、昨年創業80周年を迎えた歴史のあるタイヤメーカーです。1987年にミシュラン社と技術提携し、ミシュランタイヤ・コリアを設立。1991年には日本のオーツタイヤ(現・ファルケンタイヤ)と技術提携を行うなど、グローバルブランドにふさわしいタイヤづくりのノウハウを獲得。2000年に、NEXEN TIRE(ネクセンタイヤ)に社名変更しました。社名の由来は“Next Century”。米国、中国、欧州、カナダなどに次々と現地法人を設立。日本法人は豊田通商との合弁事業で2016年に設立されました。

その間、タイヤ製造の研究・開発を加速させ、ポルシェ、アウディ、フォルクスワーゲンといったタイヤ性能への要求が厳しいことで知られるドイツメーカーが新車装着タイヤとして積極的に採用。日本車における採用実績も増えています。さらに、欧州の自動車専門誌によるタイヤテスト(ADAC、ACE Lenkrad誌、Auto Bild誌など)では、最高レベルの推奨タイヤの評価を獲得しています。また、J.D.POWER社(2016、2017年 北米)による顧客満足度調査で上位に選ばれたことも。自動車メーカーのみならず、ユーザーの満足度も高いことがわかるでしょう。

グローバルブランド「ネクセンタイヤ」の実力

ネクセンタイヤが世界で信頼される理由

では、その信頼はどこから来るのか——。敷地面積61万㎡という、タイヤ製造工場として世界最大級の規模を誇るネクセンのチャンニョン工場では、フルオートメーションによる製造が行われています。最新鋭の機械の導入と、製造工程を一列に配置した約1kmにも及ぶ生産ライン。製品出荷までの一連の工程をRFID(製品情報をワイヤレスで読み書きできるシステム)によって管理することで、徹底した品質管理を実現。その生産能力が高く評価され、ポルシェの担当者が工場を視察後30分で契約書にサインをしたという逸話もあるそう。

海外市場も含めたタイヤ供給の最前線基地、チャンニョン工場

海外市場も含めたタイヤ供給の最前線基地、チャンニョン工場

最先端の工場で作られるタイヤは安定した生産を可能にしているため、高性能・高品質であるだけでなく、製品のばらつきがほとんどないのは注目すべき点。品質が高いうえに限りなくゼロに近い不良率——、これは自動車メーカーにとって、新車装着の際の大きな信頼になるわけです。さらに、優れた技術開発力も信頼に足る理由になっています。ドイツ、米国、中国にテクニカルセンターを設け、2019年にソウルのネクセン中央研究所を開設。グローバルな視野で、次世代技術の研究・開発を進めているのです。

ソウルのネクセン中央研究所「ネクセンユニバーシティ」

ソウルのネクセン中央研究所「ネクセンユニバーシティ」

ネクセンタイヤを選ぶことは、スマートチョイスの1つ!

タイヤはクルマとの相性やより高い性能を求められるため、その構造は複雑で、さまざまな技術が必要となります。たとえば原料の配合。ゴムに、カーボンブラックの代わりにシリカを配合するとタイヤの性能が向上するため、各メーカーでは原料を混ぜる「練り」の技術を研究していますが、ネクセンタイヤではミシュランなどの欧州メーカーと同様のインターメッシュ(混練機)を使用し、シリカをふんだんに混ぜ込むことができます。シリカの配合率が高くなるほどタイヤの転がり抵抗が低減するため、燃費性能や濡れた路面での制動力が向上します。乾いた路面でも濡れた路面でも安心感抜群で、実際に乗ってみればその魅力的な乗り味を感じることができるタイヤなのです。

このように、世界の自動車メーカーが認めた高い技術力を持つネクセンタイヤですが、その価格は同レベルの性能を持つタイヤに比べてリーズナブル。しかも、新車装着タイヤと市販タイヤとのスペックに差がないことも大きな特長。これらは乗用車用タイヤに特化し、品質を最重要視しているからこそできることといえます。ネクセンタイヤは価格以上の価値を見出せるタイヤであり、ドライバーにとってのスマートチョイス(賢い選択)の1つとなり得るのです。

タイヤ開発や性能を極めるために、モータースポーツにも参戦

タイヤ開発や性能を極めるために、モータースポーツにも参戦

2015-16シーズン以来、マンチェスター・シティFCとの公式パートナーシップを継続中

2015-16シーズン以来、マンチェスター・シティFCとの公式パートナーシップを継続中

これからのタイヤ選びの1つの選択肢としてご紹介しました。タイヤはあくまでもクルマの一部ですが、路面と接する唯一のパーツ。タイヤの性能がクルマの性能や安全性に影響します。どんなメーカーの、どんな性能のタイヤがご自身のクルマに最適か、まずは情報収集をしっかりとして、納得のいくタイヤ選びをしてみてください。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?

関連する記事Related Articles