エクササイズ

肩こりや頭痛の原因を撃退! ネックストレッチ

運転疲れに効く簡単エクササイズ

藤田英継
2023.09.29

撮影=小林大介/衣装=すべて本人私物

2023.09.29

撮影=小林大介/衣装=すべて本人私物

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

運転後は首や肩のこりをすっきりリセット!

運転中は背中を丸めてシートにもたれかかることも多く、本来は体の中心線上にあるはずの頭が前に出てしまい、気が付くと顎を突き出した姿勢になることが少なくありません。
この状態で長時間運転を続けていると、運転を終えた後も首の後ろの関節が詰まって、顎が上がった状態が癖になってしまいます。

この姿勢は、首のこりや肩こりだけでなく、頭痛の原因ともなります。運転後は「ネックストレッチ」で首をリセットするようにしましょう。

ネックストレッチ

ネックストレッチを行っている画像

後頭部にタオルをかけ、タオルの両端を手で持ちます。
写真のようにやや下を向いた状態で顎を引き、後頭部にかけたタオルを下方向に引くことで首の後ろ、やや上部を伸ばします。顎をしっかりと引いて、後頭部の中央をタオルにやや押しつけるようにするとよく伸ばせます。

カーフストレッチを行っている画像

そのままの姿勢を20秒~30秒キープします。
タオルを引く強さは、気持ちよく伸びを感じる程度にとどめましょう。ドライブの休憩時間や、運転終了後に行うと効果的です。

  • 首に痛みや疾患のある方は行うのを控えてください。

藤田英継

ふじた・ひでつぐ トレーナー。表参道のパーソナルトレーニングジム、evergreen代表。東京大学大学院で身体運動科学を学び、トレーニングと脂肪や糖質の代謝、遺伝子、ホルモン、細胞レベルでのカラダ作りのエキスパートとして活動する。これまでに延べ1万人以上のセッションを経験。

この記事はいかがでしたか?