エクササイズ

防げ! エコノミークラス症候群。足首まわしエクササイズで血流の滞り解消!!

運転疲れに効く簡単エクササイズ

藤田英継
2023.03.08

撮影=小林大介 / 衣装=すべて本人私物

2023.03.08

撮影=小林大介 / 衣装=すべて本人私物

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

長時間の運転はエコノミークラス症候群のリスク高!?

「エコノミークラス症候群」という病気を知っていますか? 狭い座席などに長時間座り、足を動かさないと血行不良が起こりやすくなります。足の血管内に血の固まり(血栓)ができ、血管の中の流れが滞り、肺に詰まって肺塞栓などが起きることがあります。
命の危険にもつながるエコノミークラス症候群は、座席に長時間座っているドライバーにとっても身近な病気です。

滞りがちな足首まわりの血流を改善

エコノミークラス症候群を引き起こす要因は複数ありますが、そのひとつが座ったまま動かず、脚(特にふくらはぎの静脈)に血液がたまってしまうことです。
今回ご紹介する足首まわしでは、足首を動かすことで血流の滞りや関節が固まるのを防ぎ、エコノミークラス症候群のリスクを低減させます。SAでの休憩中などに、ブレーキやアクセルの操作で固まった足首を緩めましょう。

足首を大きく回し、血流を改善する

座った状態で左膝を抱え込み、足の力を抜いて爪先で大きな円を描くように、足首を回します。

内回しで10~20回行った後、外回しでも10~20回行いましょう。
足を替え、反対の足も同様に行います。

力を入れずに足首を大きく動かすことがポイントです。

足首まわりを緩めることが目的なので、頑張らずに緩く繰り返しましょう。爪先を倒したり起こしたりするだけでも、緩める効果は得られます。

  • 足首を動かすと痛みが出る方は、その方向に動かすのは控えましょう。

藤田英継

ふじた・ひでつぐ トレーナー。表参道のパーソナルトレーニングジム、evergreen代表。東京大学大学院で身体運動科学を学び、トレーニングと脂肪や糖質の代謝、遺伝子、ホルモン、細胞レベルでのカラダ作りのエキスパートとして活動する。これまでに延べ1万人以上のセッションを経験。

この記事はいかがでしたか?