今週のクルマお悩み相談

ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れても大丈夫?

クルマにまつわるお悩みを解決!

2022.07.27
2022.07.27
この記事のキーワード
この記事をシェア

Q.ハイオク仕様の車に乗っていますが、最近ガソリンが高いのでレギュラーガソリンを入れたいと思っています。エンジンなどに問題はないのでしょうか?

A.すぐに故障することはまずありませんが、性能低下やエンジンに悪影響を及ぼす原因になるので、指定されたガソリンを使うようにしましょう。

そもそもハイオクとは「高オクタン価ガソリン」の一般名で、高い(ハイ)オクタン価のガソリンを指します。オクタン価とはガソリンの規格のひとつで、簡単に言うと“燃えにくさ”の指標。つまり、ハイオクはレギュラーより燃えにくいガソリンになります。

性能を上げるには、燃えにくいハイオクが必要!?

矛盾するようですが、燃えにくいガソリンを使うほどエンジンの性能は高められます。エンジンはガソリンと空気が混ざった混合気を圧縮して着火。その際の爆発力がパワーの源で、圧縮比が高いほどパワーが出ます。一方、ガソリンは圧縮されると自然発火する性質があり、ハイオク仕様の車にオクタン価が低いガソリンを入れると、規定の圧縮比に到達せずに着火してしまう「ノッキング(異常燃焼)」が起こります。ノッキングが起きてしまうと十分なパワーが出ません。そこで高出力のエンジンには、高い圧縮比でも燃えにくいハイオクが必要になるのです。スポーツカーなどハイパワー車にハイオク仕様が多いのはそのためです。

ハイオク仕様車にレギュラーを使うと、性能低下や故障の原因に

では、そんなハイオク仕様の車に燃えやすいレギュラーガソリンを入れるとどうなるか? 現在の車はノックセンサーがノッキングを検知すると、コンピュータ制御で点火時期を調整できるため、すぐ走行に支障が出るようなトラブルはまず起きません。

ただし、ハイオク仕様で設計されているエンジンなので、性能低下が起きたり、使い続けると故障につながる可能性があるのでオススメできません。とくに一部の高性能車にはオクタン価100以上のハイオクを指定しているモデルもあり、指定以外の燃料の使用に起因する不具合については保証の対象外としているメーカーもあるので、取扱説明書やディーラーで確認しておきましょう。

関連する情報はこちらから!

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?