モータースポーツコラム

スーパーフォーミュラとスーパーGTが開幕! 2024年の展望はいかに…?

どちらのレースも2024年は目が離せない!?

2024.04.21
2024.04.21

3月に開幕戦を迎えた国内最高峰のフォーミュラカーレース、スーパーフォーミュラ。その約1か月後の4月13日には、SUPER GTも開幕戦が行われた。今回は日本を代表する両レースの2024年の展望と注目ポイントを紹介しよう。

ルーキーが国内最高峰に挑む、スーパーフォーミュラが開幕

国内最高峰のフォーミュラカーレース、スーパーフォーミュラが3月に開幕した。2024年のスーパーフォーミュラは4人のルーキーに注目したい。

Juju選手(18歳)は、スーパーフォーミュラで歴代最年少かつ日本人初の女性ドライバーだ。幼少期から本格的なフォーミュラマシンで腕を磨き、14歳で渡欧。海外での4 年間にわたる武者修行の成果に期待したい。
また、岩佐歩夢選手も世界で4年間戦ったルーキーだ。国内のスーパーFJを18歳で制すと、2022年からF1直下のF2に参戦。2023年には年間4 位を獲得した。
2023年のF2を制したテオ・プルシェール選手も、F2タイトルを背負ってスーパーフォーミュラに参戦。昨年のスーパーフォーミュラ王者で今年からF2に参戦する宮田莉朋選手と入れ替わる形だけに、両者の成績は世界から注目されている。さらに国内組では、スーパーフォーミュラへの登竜門であるスーパーフォーミュラ・ライツを制した木村偉織選手が「日本最速」争いに挑戦。国内勢の意地を見せられるか楽しみだ。

スーパーフォーミュラ開幕戦のレースシーン

2024年のスーパーフォーミュラは、日本最高峰のレースに挑む4人のルーキー選手に注目

スーパーフォーミュラ注目のルーキー選手4名顔写真

スーパーフォーミュラ2024年の注目ルーキー選手。左からJuju選手、岩佐歩夢選手、木村偉織選手、テオ・プルシェール選手

第1戦は野尻智紀選手が勝利

鈴鹿サーキットでの開幕戦は2021年、2022年連覇の野尻智紀選手が制した。2位は山下健太選手、3位は昨年の大クラッシュから復活の山本尚貴選手。ルーキーは岩佐選手が9位、木村選手が12位、Juju選手が17位、プルシェール選手が18位だった。

スーパーフォーミュラ開幕戦の表彰台

開幕戦では野尻選手が優勝。期待のルーキーは9位の岩佐選手が最上位

SUPER GTは移籍多数で勢力図はどうなる⁉

2024年のSUPER GTは例年にも増して先の読めない開幕となっている。GT500にはトヨタ、ホンダ、日産が参戦しており、ドライバーがメーカー間を移籍することは稀だ。しかし今シーズンは、昨年ホンダ陣営でランキング4位の福住仁嶺選手と8位の大湯都史樹選手がトヨタに移籍した。それに伴いメーカー内でも複数の玉突き移籍が発生し、勢力図は混沌としている。昨年安定した強さを誇ったトヨタau TOM'S GR Supraの連覇か、別チームの台頭か。目が離せないシーズンになりそうだ。

SUPER GTのレース風景

2024年のSUPER GTは選手の移籍が多く、先が読めず目が離せない状況だ

スーパーGT 第2 戦にJAFブースが出展!

JAFブースのイメージ画像

写真はイメージ

5月3日(金・祝)、4 日(土・祝)に富士スピードウェイで開催されるSUPER GT第2戦に、JAFがブースを出展する(写真はイメージ)。JAF会員限定のプレゼント企画だけでなく、大人から子供まで、どなたでも楽しめるイベントコンテンツを用意しているので、観戦に訪れた際はぜひ足を運んでほしい。

JAFモータースポーツサイト「モータースポーツを知る・楽しむ」

「JAFモータースポーツサイト」では、モータースポーツのさまざまな楽しみ方を紹介しています。

この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?

関連する記事Related Articles