JAFストーリー

古墳へ向かう細道で立ち往生……フェンスと接触する大ピンチ!

2022.03.15

文=楠正樹(JAF埼玉支部) 漫画=花くまゆうさく

2022.03.15

文=楠正樹(JAF埼玉支部) 漫画=花くまゆうさく

この記事のキーワード
この記事をシェア

梅雨の中休みのある日、古墳群を見物するため車を走らせていた奥泉二士夫さん。細い砂利道を走り、目的地に近づいたところで車を左端へ寄せたところ、長雨によるぬかるみでタイヤがスタック! 旧知の車屋さんへ連絡し、現場にやってきたトラックで引っ張ってもらったが、車が傾斜で横滑りして鉄柵に接触。トラックまでぬかるみで動けなくなり、悪戦苦闘の末、トラックを脱出させたところで日が暮れてしまった……。

古墳へ向かう細道で立ち往生……フェンスと接触する大ピンチ!

4コマ漫画は、東京都・奥泉二士夫さんのエピソードを基に作成しました。

奥泉様とは古墳群のある公園の入口で待ち合わせをしました。現場への道を確認すると、地面のぬかるみ具合や道の狭さなど、私が乗ってきたサービスカーでは進入が難しい状況。そこで加藤勝正隊員に応援を頼み、4WDのサービスカーで現場へ向かいました。

奥泉様の車は斜面で滑り、公園を囲む鉄柵に接触している状態でした。鉄柵を破損すると奥泉様に修繕費用が発生するので、「鉄柵を壊さず、なおかつ車体にこれ以上傷が入らないこと」を念頭に置いて、加藤隊員と救援方法を検討。そこで、車体を真横から引っ張る方法を奥泉様に提案しました。

前後ホイールにスリングベルト(吊り具)を装着し、2か所からバランス良く引けるように準備。4WD車のウインチで引っ張ると、地面がぬかるんでいることが奏功し、車体を真横にスライドさせてぬかるみから脱出させることができました。公園の職員の方に鉄柵が壊れていないことを確認していただき、車体にも余計な傷が付かなかったので、奥泉様には大変喜んでいただけました。

ぬかるみでの立ち往生や落輪からの脱出を、焦ってご自身で行うと事態が悪化する場合も。早めにJAFへ救援要請していただければ安心です。(楠隊員)

JAF Mate 2021年4月号掲載

JAF RESCUE TRIVIA

救援車両を傷付けないよう、手間と工夫を重ねています!

楠正樹隊員・埼玉支部

お客様の愛車に余計な傷を付けないことを念頭に置き、作業を行っています!
楠正樹隊員・埼玉支部

落輪やスタックといったトラブルの救援作業には、特別な知識と道具が必要です。車両や周辺施設を破損させないよう、隊員は救援方法を検討します。傷を防ぐひと手間、ふた手間を作業手順に加えるほか、空気で膨らむジャッキや、落輪専用ジャッキを開発するなど、JAFは救援道具の工夫も続けています。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?

交通安全教育DVDセーフティシアター