JAFストーリー

お出かけ前に愛車が沈黙、悲しみのバッテリー上がり……

2022.03.15

文=林田裕貴(JAF長崎支部) 漫画=花くまゆうさく

2022.03.15

文=林田裕貴(JAF長崎支部) 漫画=花くまゆうさく

この記事のキーワード
この記事をシェア

JAFに入会して30年。森美紀さんは、これまで大きなトラブルに遭ったことがなく、会員証は「お守り代わり」だと思っていた。しかし、その日はついにやってきた……。素早く家事や身支度を済ませ、習い事に出かけようとしたそのとき、愛車のエンジンがかからず大焦り! 自宅から人生初の救援要請を行った。

お出かけ前に愛車が沈黙、悲しみのバッテリー上がり……

4コマ漫画は長崎県・森美紀さんのエピソードを基に作成しました。

JAFへの救援要請で一番多いのがバッテリー上がりです。現場でまず行うのが、バッテリー上がりの原因を調べるための問診です。次に、ライトや室内灯の消し忘れ、半ドアなどがなかったかを確認します。さらにバッテリーの液量や電圧をチェックし、バッテリーの劣化が原因かを判断します。今回は劣化でした。

森様の車は定期点検をされていたので、バッテリー上がりに大変慌てられたそうですが、劣化によるトラブルは突然やってくるものなんです。

寿命が来たバッテリーは、一度エンジンを止めると再始動できなくなることも多いので、森様の今後の予定を考え、バッテリーの交換をおすすめしました。交換工賃は無料です。もちろん、バッテリー交換をご希望されない場合は、ジャンピングスタート、もしくは販売店などに車両を搬送いたします。ちなみに、ジャンピングスタートを行う際は、過電流を防止する対策器を使用し、お客様の車に悪影響が出ないよう慎重に作業していますので、ご安心ください。

森様の習い事の時間が迫っていましたが、なんとか間に合って安心しました。また、森様のスマートフォンに新しくなったJAFアプリのインストールのお手伝いもさせていただきました。とても便利なので皆様もご活用ください!(林田隊員)

JAF Mate 2020年4月号掲載

JAF RESCUE TRIVIA

JAFが実践するバッテリー上がりの対処法

バッテリー上がりの救援の際、お客様の車のバッテリーが劣化していたり、多くの電気が必要な場合、ブースターケーブルを接続してもエンジンが始動できないことがあります。そんな時は、ケーブルを繫ないだまましばらく待つと、要救援車のバッテリーが充電されエンジンがかかりやすくなります。

林田裕貴隊員・長崎支部

JAFのロードサービスはご自宅でも救援要請できます!
林田裕貴隊員・長崎支部

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?