特集

首都圏から雪遊びに出かけるなら、高速道路料金が割引になる「ウィンターパス2024」をチェック!

2023.12.01
広告:東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)
2023.12.01
広告:東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)
この記事のキーワード
この記事をシェア

冬の高速道路料金が割引になる、NEXCO東日本の「ウィンターパス2024」がスタート! 首都圏、新潟、仙台エリアからスキー場までの1往復のプランのほかに、首都圏発着に限りさらにおトクな「セットプラン」も登場。「ウィンターパス2024」の割引内容、便利な使い方、さらには出かける際に役立つ高速道路情報の入手方法まで解説します。

首都圏からゲレンデまでの高速道路料金が安くなる!

「ウィンターパス2024」はETC利用が条件。首都圏、新潟、仙台の発着エリア内のICゲレンデのある目的地エリア内のICとの1往復分の高速道路料金が割引になるというものです。この「往復プラン」のほかに、今冬は「セットプラン」も登場。首都圏発着で「宿泊またはリフト券等」をセットで利用すると、高速道路料金がさらに割引になり、最大2日間(「蔵王プラン」のみ最大3日間)で乗り降り自由になります。

たとえば、普通車で都内の練馬ICから長野県の上田菅平ICまで出かける場合、往復の高速道路料金を比較すると

普通車・ETC利用の往復料金 
[往路]練馬IC→上田菅平IC [復路]上田菅平IC→練馬IC

●ウィンターパス2024「菅平・軽井沢プラン(⾸都圏発着)」:6,600円
●ウィンターパス2024 セットプラン「菅平・軽井沢プラン」:5,600円

●ETC平⽇昼間(通常料⾦):9,180円

このように、ETC平日昼間の料金と比べて、往復プランで約2,500円、セットプランで約3,500円おトクです(※利用区間によって割引率は異なりますので、あらかじめご確認ください)。

往復プランの場合、発着エリアと目的地エリアの組み合わせは、全部で19プラン! 「ウィンターパス2024」の公式サイトでは、3つの発着エリア(首都圏、新潟、仙台)からそれぞれの目的地エリアを選んで料金を確認できます。また、主要スキー場の一覧があるので、まだ目的地を決めていない場合も便利です。

セットプランの場合は、「宿泊施設セット」と「スキー場セット」があり、施設ごとにお申し込み方法やご利用方法が異なるのでご注意を!
※スキー場セットプランの申込受付は、12月下旬予定

「ウィンターパス2024」の概要を見てみる 〉〉〉[ドラ割]ウィンターパス2024

往復プランの「菅平・軽井沢プラン」を見てみる〉〉〉首都圏発着・川越-花園発着

セットプランの「菅平・軽井沢プラン」を見てみる〉〉〉首都圏発着

ETCのウィンターパスを利用する車両

往復プランに、リフト券や観光施設の優待特典もある!

往復プランの利用期間は、2023年12月1日〜2024年4月1日(2023年12月26日〜2024年1月4日を除く)のうち、連続する最大3日間で1往復。日帰りでも利用できます。またエリア内なら、往路で降りたICと別のICから乗って帰ることもできますし、往路で乗ったICと別のICで降りることもできます。

お申し込みは、ETCカードを手元に用意して、パソコンやスマートフォンから。直前でも申し込みOKで、利用開始前に解約すれば直前でもキャンセル料はかかりません

そして、ほかにもおトクな特典が! スキー場のリフト券の割引をはじめ、日帰り温泉や観光施設などの割引サービス、休憩施設でのオリジナルグッズプレゼントなど、優待特典も利用できます。ゲレンデで思いきり遊んだあとは、日帰り温泉に寄ったり、お土産を買ったりとおトクに楽しめます。

優待施設の情報などは、各プランのページから確認できますので、事前にチェックしてみましょう。優待特典を利用する場合は、「お申し込み完了メール画面」または「優待券画面」を受付で提示して、特典利用する旨を伝えてください。

雪山を走行する車両たち

NEXCO東日本の「ドラぷら」で、冬道情報を確認しよう

家族で出かけるなら、クルマのほうが便利だし電車より安く済む。それに高速道路料金も節約できることがわかったけれど、雪道が心配……という方は、最後にこちらもチェック。

高速道路は除雪が行き届いていますが、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤ、タイヤチェーンの準備は必要です。また、目的地までの道路状況のチェックも忘れずに。

NEXCO東日本のドライバーズサイト「ドラぷら」には冬の高速道路の安全チェックポイントなど、高速道路に関するお役立ち情報が満載。さらに、冬道情報のお知らせはLINE、リアルタイムな道路状況(通行止め情報)などはエリア別の公式X(旧Twitter)にて情報を入手できます。URLは下記リンク先のページに掲載されています。

ゆとりのあるドライブ計画とともに慎重な運転を心がけて、おトクで安全にウィンターレジャーを楽しみましょう。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?

関連する記事Related Articles