自動車交通トピックス

ジャパンモビリティショー2023のJAFブースで、 あなたが描いた未来のレッカー車が動き出す!

JAFサービスカーのプルバックカーの配布も

2023.10.06
2023.10.06
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

今回から東京モーターショーという名称を一新することになった「ジャパンモビリティショー」。そのJAFのブースでは、歴代JAFロードサービス隊員の制服展示や、来場者が描いた未来のレッカー車が走る姿を大型ディスプレイに表示するなど、さまざまな催しが行われる。

ロードサービス隊員の歴代制服や過去のJAF Mate誌も展示

2023年4月に創立60周年という節目を迎えたJAF。東京ビッグサイトの東展示場3ホール[4階]に設置されるブースでは、JAFのこれまでとこれからを「過去・現在・未来」の3つのテーマに分けて展示する。具体的には、下表のような展示が行われる予定だ。

「過去」エリア 「現在」エリア 「未来」エリア
・JAFサービスカーのミニカーを展示
・歴代「JAF Mate」の展示
・ロードサービス隊員歴代の制服展示
・JAFの活動映像の放映
・JAFスマートフォンアプリの説明
・体験型コンテンツ「お絵描きロードサービス~未来のレッカー車を描こう~」
・20年後の未来を描いたスペシャルムービー放映
インフォメーション
JAFアプリクーポン提示者へのノベルティ配布「JAF 組立プルバックカー」

「未来」をテーマとしたエリアでは、体験型コンテンツ「お絵描きロードサービス~未来のレッカー車を描こう~」を出展。専用の用紙に未来のレッカー車を描くと、その絵がまるで未来の街を行き交うような姿が大型ディスプレイで楽しめる。描いた未来のレッカー車は、特殊粘着シールにプリントして配布(各日配布制限あり)。このシールはマグカップやTシャツなど、さまざまなものに貼ることができ、いつでもモビリティショーを思い出せるアイテムとなりそうだ。

JAFアプリクーポンの提示で、プルバックカーの配布も

「過去」エリアでは過去のJAFロードサービス隊の制服や、機関誌「JAF Mate」第一号など歴代の冊子を展示。「現在」エリアでは、JAFの現在の取り組みを映像でPRする。ブース受付(インフォメーション)ではJAFアプリクーポンを提示した方にノベルティ「JAF 組立プルバックカー」の配布も行われるという。

アプリクーポンを提示すると配布されるプルバックカーの例。

アプリクーポンを提示すると配布されるプルバックカーの例。

入場チケットが割引になる会員限定の優待も実施!

「Japan Mobility Show2023」では、チケットが割引になるJAF会員限定の優待や、そのほかモビリティショーがお得に楽しめる会員優待が実施される。具体的には下記の通り。モビリティショーへ行くのならば、JAF会員証を忘れず持参したい。

オンラインチケット
優待内容 3,000円→2,700円(会員含む5名まで)
実施期間 10月10日(火)~11月5日(日)
利用方法 専用ページから購入申し込み ※下記リンク参照
自動車ガイドブック
優待内容 1,300円→1,100円(会員本人のみ)
実施期間 10月28日(土)~11月5日(日)
利用方法 会場内のガイドブック販売所で会員証提示
公式ガイドブック
優待内容 1,000円→800円(会員本人のみ)
実施期間 10月28日(土)~11月5日(日)
利用方法 会場内の日刊自動車新聞社販売所で会員証提示

優待情報やチケット購入方法詳しくは、下記リンク先へ

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?