自動車交通トピックス

九州自動車道「小郡鳥栖南スマートインターチェンジ」が6月9日に開通。メリットはアクセスの良さ!

新IC効果による物流ルートのスマート化に期待

2024.06.08
2024.06.08
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

NEXCO西日本は、九州自動車道「小郡鳥栖南スマートIC」が2024年6月9日16時に開通すると発表した。

スマートICの開通により高速道路利用者の交通が分散され、県道と国道の交通混雑の緩和や物流の効率化が期待される。

鳥栖JCT~久留米IC間に「小郡鳥栖南スマートIC」開通

小郡鳥栖南スマートICの完成イメージ

九州自動車道小郡鳥栖南スマートICは福岡県小郡市福童、鳥栖JCTと久留米ICの間に設置される。24時間全方向、ETC搭載の全車種で利用が可能。

スマートICのため、利用にはETCカードが挿入された状態のETC車載器が必須である。万が一ETCカードを挿入していない状態でスマートICに進入してしまった場合は、車線に設置されたインターホン等で係員に連絡し、係員の指示に従うこと。

何らかの事情で開閉バーが開かない場合も安全のためにバックはせず、係員からの指示に従おう。

小郡鳥栖南スマートIC開通で物流拠点からの所要時間短縮の効果が!

小郡鳥栖南スマートICの位置

小郡鳥栖南スマートIC開通により、鳥栖商工団地、グリーン・ロジスティクス・パーク鳥栖等の物流拠点から高速道路への所要時間が短縮される。小郡鳥栖南スマートICを利用した場合、鳥栖商工団地からは従来の鳥栖ICを利用した場合より4分短縮される見込みだ。グリーン・ロジスティクス・パーク鳥栖からの所要時間は、22分の短縮が見込まれている。
※それぞれ、混雑時の所要時間目安

また、小郡鳥栖南スマートICが整備されたことによりIC周辺の開発・企業誘致が促進され、鳥栖市や小郡市のさらなる発展が期待される。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?