自動車交通トピックス

GT-RやフェアレディZだけじゃない。EVコンセプトモデルや特別仕様車など多数。日産のモビリティショー出展概要

創立90周年の日本を代表するメーカー日産の示す未来とは

2023.10.05
2023.10.05
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

今回から、東京モーターショーの名称を一新して開催される「JAPAN MOBILITY SHOW2023(ジャパンモビリティショー)」。創立90周年となる日産は、市販EVで他社に先行してきた。そんな同社のブースは、10月28日~11月5日のショー会期中、EVが開く未来を予見させる展示内容となりそうだ。

新型EVのコンセプトカーを多数出展予定

「ニッサン ハイパーアーバン」のエクステリア画像

「ニッサン ハイパーアーバン」のボディカラーはライムイエロー。時間帯や光の陰影で表情を変えるのが特徴。参考画像=日産

「ニッサン ハイパーアーバン」のインテリア画像

フロントシートのアレンジを変更することで、ソファに座っているかのようなリラックス空間にできる。なお、ドアは上方に大きく開く仕様になっている。参考画像=日産

日産自動車(日産)は、ジャパンモビリティショーに向けて、順次複数のEVコンセプトカーを発表するとしている。その1台が、このクロスオーバーEVの「ニッサン ハイパーアーバン」だ。
ソフトウェアを常に最新の状態にアップデートし、さらに車のパーツを一新していくことで、長くユーザーに乗り続けられることをコンセプトにしているという。例えば、好みのインストルメントパネルにするなど、インテリア全体をリフレッシュすることも可能だそうだ。駐車時に車から自宅やオフィスに給電可能な仕様で、EVのメリットの最大化を提案する。今後ショーに向けて、どんなコンセプトモデルが発表されるのか楽しみだ。

創立90周年記念モデルやNISMO仕様車も登場

NISSAN GT-R NISMO Special editionの画像

「 NISSAN GT-R NISMO Special edition」。空力性能やエンジンパーツの見直しで、GT-R史上最高のパフォーマンスを追求したという。参考画像=日産

フェアレディZ NISMOの画像

「フェアレディZ NISMO」エンジン出力や変速速度を向上させ、内外をNISMO専用パーツで“武装”している。参考画像=日産

ブースでは、上記EVコンセプトカーシリーズに加え、市販EVの「アリア」をはじめ、創立90周年を記念する特別仕様車も展示予定だ。この特別仕様車は、フロントグリルやドアミラーにカッパー色のアクセントを施し、専用のアルミホイールやシート素材などを採用することで、特別感を演出するとしている。また、今年発表されたGT-RやフェアレディZなどのNISMO仕様車も登場予定だ。なお、コンセプトカー以外の出展予定車両は以下の通り。
• アリア
• リーフ 90 周年記念車
• サクラ 90 周年記念車
• エクストレイル 90 周年記念車
• セレナ 90 周年記念車
• キックス 90 周年記念車
• オーラ 90 周年記念車
• NISSAN GT-R NISMO Special edition
• フェアレディZ NISMO
• スカイライン NISMO
• フォーミュラE レーシングカー
(90 周年記念車は参考出品)

フォーミュラEレーシングカーの画像

電動のフォーミュラカーレース「ABB FIAフォーミュラE世界選手権」。日産は日系メーカーとしては初めてシーズン5(2018~19)から参戦している。写真はフォーミュラEレーシングカーの「NISSAN e-4ORCE 04」。参考画像=日産

物販コーナーも登場予定!

このほか、日産ブースではグッズ販売コーナーも設けられる予定だ。ここでは、「NISSAN」と「NISMO」のブランドグッズや、出展するコンセプトカーのグッズ、や日産90 周年記念グッズなども販売するとしている。
日産は、「未来を切り拓き、ワクワク感を次のレベルへ引き上げるEVコンセプトカーや先進技術を、フィジカルとデジタルがシームレスに融合したインタラクティブなブースで展示」すると発表している。実際どんな展示となるのか注目したい。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?