自動車交通トピックス

世界ラリー選手権(WRC)「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」にJAFが体験型ブースを出展

2023年11月16~19日に愛知・豊田スタジアムで

2023.11.14
2023.11.14
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

JAFは、WRCの最終戦となる「フォーラムエイト・ラリージャパン2023(以下ラリージャパン)」が開催される11月16日(木)~19日(日)の4日間、サービスパークとなる豊田スタジアムに体験型ブースを出展すると発表した。

公道で速さを競うのがラリー。その最高峰がWRC

ラリーは、サーキットでおこなわれるレースとは異なり、一般道を舞台に舗装路(ターマック)、未舗装路(グラベル)、雪道と、あらゆる道を走行する競技。WRCは、ラリー競技の最高峰シリーズであり、23年のシーズン最終戦は日本で「ラリージャパン」として開催される。今季はTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(GR YARIS Rally1 HYBRID 69号車)がドライバーズおよびコ・ドライバーズ・タイトル獲得を決めており、愛知県・岐阜県の舗装路で行われるラリージャパンでも表彰台の中央を目指して競技が行われる。

JAFがブースを出展する豊田スタジアムは、ラリージャパンの扇の要にあたる場所だ。サービス中のラリーカーやラリードライバーを間近で見られるサービスパークが設置されるだけでなく、スタジアム内の特設コースでは、2台が同時に出走して速さを競うスーパースペシャルステージが行われる。イベント・物販・展示・飲食ブースも多く立ち並び、WRCや地元グルメなどが楽しめる空間となるだろう。

JAFはモータースポーツの楽しさや魅力を伝えるブースを出展

ラリーカーの運転が体験できるドライビングシミュレーターのイメージ

ラリーカーの運転が体験できるドライビングシミュレーター

出展されるJAFブースでは、ドライビングシミュレーターによるラリーカー運転疑似体験などの体験型コンテンツをメインとする。JAFは、モータースポーツの統轄団体としてモータースポーツの振興、競技人口の増加を目指し、多くの方にモータースポーツの楽しさや魅力を伝えていくという。

具体的には、下記のようなコンテンツを提供する予定だ。

  • ドライビングシミュレーター(WRC)
     シミュレーターにてラリーカーの運転を疑似体験。
     規定タイムクリアで景品をプレゼント。
  • クイックキャッチ
     見て、判断して、手を動かす…
     素早く反応できるか、俊敏性をゲーム感覚で測定
  • 子ども安全免許証の発行
     交通安全クイズに答えて、お子さんの顔写真の入った
     免許証そっくりのカードを発行
  • 会場限定ノベルティープレゼント
     会員の方はJAFアプリクーポンのご提示で、会場限定のノベルティーをプレゼント!
     「アプリクーポンを利用する」ボタンからクーポンを表示させ、スタッフにお見せください
     ※会員本人のみ会期中1回に限ります。
     ※JAFブース出展時間中にお越しください。
     ※デザインは変更になる場合があります

JAFブース出展情報はこちら

日時:2023年11月16日(木)~18日(土)10:00~21:30
       11月19日(日)10:00~19:00

場所:豊田スタジアム 西イベント広場(愛知県豊田市千石町7丁目2番地)

JAFブースに関する詳しい情報はこちらから

JAF会員にはチケットの優待があります。詳細はこちらから

この記事はいかがでしたか?