自動車交通トピックス

車に雷が直撃!「車内は安全」といわれているが、車や人への影響は?

雷が車に落ちた場合の影響をJAFが検証

2023.10.13
2023.10.13
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

近年、ゲリラ豪雨などの異常気象が増えている。ゲリラ豪雨では雷を伴うことが多いが、雷が人間に落ちた場合、やけどや重傷を負うだけでなく、命を落とすこともある。雷からの避難先として、車の中にいれば安全なのか。車に雷を落として、車やドライバーに与える影響について、JAFが検証結果を公開した。

テスト方法 人工的に雷を落とせる施設でテスト

このテストでは、人工的に雷を落とし(※)、車への影響を確認した。車は、ハイブリッド車(HV)と電気自動車(EV)の2台で検証した。
※1200万V衝撃電圧発生装置により電圧(放電電流:約20,000A)を加え、車に気中放電。
〇車の状態
・エンジンまたはEVシステムON
・エアコン25℃ 内気循環
・カーナビ起動中
・スマートフォン充電しながら起動中

雷テストの施設画像

衝撃電圧発生装置とテスト車両

テスト車両を確認する画像

落雷後、JAFロードサービス隊員が車の状態を確認した。

車に雷が落ちた場合、車自体に与える影響とは?

雷が車に落ちた時、その後走行は可能なのか。また、カーナビや灯火類、エアコンなどの電装品が問題なく機能するのか、JAFロードサービス隊員が確認・検証し、以下のような結果となった。

雷テスト結果表

車の電子制御系機器を診断したところ、HVはエンジンの制御ユニット(ECU)の通信異常や、HV/EV系回生異常などの診断が出た。一方、EVはEV-HEVシステムや高電圧バッテリーシステム故障などといった診断があり、両方の車とも走行できなくなった。ドアロックや灯火類は問題なく動いた。
車と雷の関係に詳しい中部大学・電気電子システム工学科の山本和男教授によると、「エンジンやEVシステムが始動しなかったのは車を電子制御するECUが壊れたか、異常な電流を検知してセーフティシステムが作動した可能性が考えられる。タイヤは、今回は痕がついただけだったが、パンクしてしまう可能性もある」とのことだった。

雷の痕跡がタイヤに見られた画像

雷の痕跡がタイヤに見られた。

雷でルーフがへこんだ画像

雷が落ちたルーフには、へこみが見られた。

雷の痕の画像

フロントガラスに落ちた場合は、雷が通った痕がついた。

サイドエアバッグが展開した画像

運転席のドアを開けていた場合、サイドエアバッグが誤作動で展開した。

車外に立っている人には雷が落ちる可能性がある

車よりも背の高いマネキンを車のそばに置いて、雷がどこに落ちるのかを検証した。その結果、雷はマネキンの頭めがけて落ちた。マネキンがかぶっていた帽子には、雷が落ちた痕が付いていた。気象学における雷に詳しい、防衛大学校・地球海洋学科の小林文明教授によると、「このように人に落ちることがある。それは高いところに落ちやすいという落雷の性質を物語っている。車外の危険性は、日常生活やキャンプ、海水浴などのレジャー問わず大きい。建物など構造物がないときは車内が最も安全な空間となることを知っておき、迅速な退避行動をとってほしい」とのことだった。

雷が落ちる瞬間の画像

車外に置いたマネキンに落ちる雷

では、車内にいた場合はどうなのだろうか。車の直上から雷を落とし、車内にいる人に影響があるのかを検証。アルミホイルを全身に巻き付けたマネキンを運転席に置いてテストした。テストは、全てのドア・窓が閉じた状態と、運転席の窓を少し開けた状態で実施した。気になる結果は、以下のリンクをぜひ参照いただきたい。

運転席に置いたマネキンの画像

アルミホイルを巻き付けたマネキンで、車内への影響を検証。

テストの様子や詳しい結果は、JAFユーザーテスト資料編にまとめています

落雷実験の動画は、こちらをご覧ください

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?