自動車交通トピックス

2023年のお盆、東北自動車道と関越自動車道「上り線」は渋滞必至!?

激しい渋滞を回避するポイントとは?

2023.08.10
2023.08.10
この記事のキーワード
この記事をシェア
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

東北自動車道や関越自動車道など、東北、関東甲信越方面の高速道路を管理するNEXCO東日本では、2023年のお盆休み期間中、交通集中による10km以上の渋滞が発生する場所や通過所要時刻について予測を発表した。

東北自動車道と関越自動車道の上りは、13日~15日の夕方がピーク

それによると8月9日から8月16日までの8日間で、上下線合わせて144回もの渋滞発生が予測された。昨年のお盆期間中に渋滞(10km以上)した回数は61回なので、実に倍以上の数字となっている。つまり、今年はより激しい渋滞が発生する可能性が高くなる見込みというわけだ。

このうち、特に長い渋滞が見込まれる場所例(下表)として、上り方面では8月13日17時頃東北自動車道・加須IC付近で35kmの渋滞、同日同時刻の関越自動車道・高坂SA付近で40kmの渋滞が予測されている。

道路名 渋滞ピーク日時 ピーク時渋滞長 渋滞発生場所
東北自動車道 8月13日17時頃 35km 加須IC付近
関越自動車道 8月13日17時頃 40km 高坂SA付近
関越自動車道 8月14日17時頃 35km 高坂SA付近

渋滞予測情報を事前に確認を

関越自動車道上り線におけるお盆渋滞回避のポイント

  • 8月13日は、藤岡JCTを14時より前か23時以降に通過
  • 高坂SA手前1kmのサグ部における速度低下に注意

NEXCO東日本では渋滞緩和のため、渋滞ピークと予想される時間帯を避けて通行するよう呼びかけている。

例として、8月13日の関越自動車道高坂SA付近を先頭に発生するとされる最大40kmの渋滞では、藤岡JCT~鶴ヶ島IC区間における渋滞のピークが17時~19時、所要時間は渋滞がない場合の3倍となる約1時間30分と予測されている。ここで藤岡JCTを14時より前、もしくは23時以降に通過することにより、同区間の所要時間が約30分に短縮できるという。

また同区間では、高坂SAの約1km手前でサグ部となっている。サグ部とは、下り坂から上り坂へ変わる道路形状のことで、ここを走るドライバーは無意識に速度が低下し、渋滞を引き起こす原因となりやすいので注意が必要だ。

NEXCO東日本では、渋滞予測情報や交通情報などをさまざまツールで提供している。こうした情報も参考に、渋滞を回避したスムーズなドライブを計画してほしい。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?