自動車交通トピックス

外環・関越道の大泉ICが夜間通行止めに

東京・練馬区の目白通りの一部も通行止めに

2023.06.16
2023.06.16
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

外環道の関越~東名延長に伴う橋りょう架設工事を実施

NEXCO東日本は、2023年7月6日夜から翌7日朝にかけて、東京外環自動車道(外環道)および関越自動車道(関越道)の大泉ICを閉鎖すると発表した。

大泉ICと目白通り周辺の様子

大泉ICと目白通り周辺の様子

この工事は、関越道と東名高速を結ぶ外環道建設に伴い、大泉ICと接続する都道24号目白通りの上空を交差する橋りょうを架設するというもの。周辺は交通量が多いため、夜間に閉鎖して工事を実施するという。

大泉IC周辺の夜間閉鎖、通行止めの案内

大泉IC周辺工事に伴う閉鎖場所と工事の時間帯

閉鎖場所

  • 外環道 内回り(和光方面からの)大泉IC 出口ランプ
  • 外環道 外回り(和光方面への) 大泉IC 入口ランプ
  • 関越道 下り線(所沢方面への) 大泉IC 入口ランプ
  • 目白通り 大泉IC周辺 約0.4km

日時

  • 実施日:2023年7月6日(木)夜21時~翌朝5時
  • 予備日:2023年7月10日(月)~13日(木)の各日、夜21時~翌朝5時

大泉IC周辺の通行止め箇所

資料=NEXCO東日本

迂回路は和光IC、練馬・所沢IC

NEXCO東日本では、大泉IC閉鎖に伴う迂回路として、外環道の和光ICと、関越道の練馬ICもしくは所沢ICの利用を呼び掛けている。この迂回によって、16分~32分程度の所要時間増が見込まれていることから、期間中に大泉ICを利用する予定だったドライバーは注意が必要だ。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?