自動車交通トピックス

十勝、日光、江戸川など新たに6地域を、車の「ご当地ナンバー」に追加へ

ご当地ナンバーは52地域に拡大

2023.04.30
2023.04.30
この記事のキーワード
この記事をシェア
世界が認める「ネクセンタイヤ」、その高い技術力は“価格以上”!

国土交通省は4月21日、車のナンバープレートに表示する地域名について、新たに6地域を追加すると発表した。

より地域に根差した名称を表示する「ご当地ナンバー」として追加される地域は、北海道の「十勝」、栃木県の「日光」、東京都の「江戸川」、長野県の「安曇野」と「南信州」、滋賀県の「彦根」。

新たな地域名表示(ご当地ナンバー)の追加
都道府県 新たな地域名 現在の地域名 対象区域
北海道 十勝 帯広 音更町,士幌町,
上士幌町,鹿追町,
新得町,清水町,
芽室町,中札内村,
更別村,大樹町,
広尾町,幕別町,
池田町,豊頃町,
本別町,足寄町,
陸別町,浦幌町
栃木県 日光 宇都宮 日光市,塩谷町
東京都 江戸川 足立 江戸川区
長野県 安曇野 松本 安曇野市,生坂村,
池田町,松川村
長野県 南信州 松本 飯田市,松川町,
高森町,阿南町,
阿智村,平谷村,
根羽村,下條村,
売木村,天龍村,
泰阜村,喬木村,
豊丘村,大鹿村
滋賀県 彦根 滋賀 彦根市,甲良町
(資料=国土交通省)

今回の追加により、ご当地ナンバーの導入数は現在の46地域から52地域にまで拡大する予定。ほかにも、すでに交付されている弘前ナンバー(青森県)の対象区域に、田舎館村が加わるとのこと。

国土交通省では今後、2023年12月までに図柄の検討を行い、2025年5月頃に新ナンバーの交付を開始するという。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?

関連する記事Related Articles