自動車交通トピックス

広島サミットが2023年5月19-21日に開催 交通規制はどうなる?

開催日の前後1日を含む5月18日から22日は、時間帯をずらした移動やテレワークの検討を

2023.04.23

文=津島孝

2023.04.23

文=津島孝

この記事のキーワード
この記事をシェア
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

広島市でのG7サミット(先進7カ国首脳会議)開催期間中と前後1日を含む2023年5月18日から22日まで、市内で大規模な交通規制が実施される。警備が強化され、通行止めも行われる予定だ。各所で渋滞が予想されるため、行政機関では市内の交通量を半分に削減する目標を掲げている。

会期中は各所で交通規制が行われる予定

交通規制の可能性がある一般道路は、サミット会場候補地となるグランドプリンスホテル広島の周辺、各国首脳の宿泊施設周辺、平和記念公園と広島空港を結ぶ国道2号や平和大通りなど。首脳の動向によっては他の地域が規制されることもあり、広範囲に影響が及ぶことは間違いない。要人らの訪問が予想される呉市中心部や宮島の周辺道路も対象に含まれている。

広島市中心部の一般道路の交通規制予定図

広島市中心部の一般道路の交通規制予定図(資料=広島県警ウェブサイト、以下同)。

交通規制は広範囲を一斉に行うのではなく、主に首脳が移動するときに通る道路とその周辺で実施される。広島県警によると、首脳が単独で移動するときの通行止めは15分程度が目安。しかし、複数の首脳の移動が続いたり、移動に時間がかかったりする場合は長時間になる。

山陽道などの高速道路の交通規制予定図

山陽道などの高速道路の交通規制予定図

広島市中心部の高速道路の交通規制予定図

広島市中心部の高速道路の交通規制予定図

高速道路では、広島高速道路(1号、2号、3号)、広島呉道路、海田大橋などが全線で規制される。さらに、山陽自動車道(本郷IC~玖珂IC)や広島自動車道(広島JCT~広島西風新都IC)の一部でも予定されている。

広島県警は、会期中マイカー利用の自粛を推奨

県警は、一般道路、高速道路ともに迂回(うかい)路の利用を促しているが、迂回路でも渋滞に巻き込まれることがあるため、マイカー利用の自粛を推奨。業務用車両には、規制の影響が少ない早朝や深夜(午前0時~午前6時)へ運行時間を変更するように呼び掛けている。行政機関もテレワークや休暇取得を勧め、出勤者を減らす方針だ。路線バスや路面電車の運休や減便もあるので、通勤や買い物は電車などの公共交通機関の利用を考えておきたい。

予定される交通規制は、前日に県警公式ウェブサイト(下記)で公開予定。リアルタイムでの規制情報は、広島県警のTwitterで配信される予定。こまめにチェックし、適切に対処できるように備えたい。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?