バイヤー 自慢のイチオシ!

昼夜OK!特許取得の「イエローライトカット」レンズを体験

~ネオコントラスト瞬間クリップオンサングラス編~

2023.01.15

sponsored by JAF通販紀行

2023.01.15

sponsored by JAF通販紀行

JAF通販紀行のトップバイヤーが数々の商品の中から探し当てた名品。それをJAF Mate Online編集部員が、バイヤーのレクチャーを受けながら使ってみるコーナーです。実際の感想など、リアルな声とともにお届けします。

手持ちのメガネにはさむだけのクリップオンタイプ

瞬間クリップオンサングラスは、眩しさを抑えて色彩感覚を向上させる、特許レンズ「ネオコントラスト」搭載。一般のサングラスと違い、黄色い光による眩しさを最大限抑えるとともに視界をクリアにします。普段使いはもちろん、特に車の運転時には、安全のためにも持っておきたい優れた機能と仕様。装着したまま4段階の跳ね上げが可能なので、お好みの角度をキープできます。折りたたんでコンパクトに収納できるケース付。

手持ちのメガネにはさむだけのクリップオンタイプ

40代から必須!眩しさの原因をカットするサングラス

太陽光だけでなくLEDにも含まれるブルーライトをカットするレンズが目への負担を減らすことは知られています。一方イエローライトカットレンズは、人が最も眩しく感じる光(580nm付近)の黄色い光だけを抑える「眩しくならない、暗くならない、視界スッキリ」を実現したレンズです。加齢にともない、おおよそ40歳過ぎから目(水晶体)の透明性が失われ、だんだんと黄色く着色していくといわれています。黄色くなった視界では、物が見えづらくなるだけでなく、目を凝らすことでより疲れを感じてしまうことに。東北文化学園大学の坂本保夫教授(視覚機能学)によると、イエローライトを新技術でカットすることが、ミドル以上の見え方向上につながるという研究結果があります。目の病気や目からの日焼け防止に役立つサングラスで、美しい色彩を感じる毎日を過ごしませんか?

40代から必須!眩しさの原因をカットするサングラス

いつものメガネに装着して、イエローライトカットの世界を体験してみた

(編集部員の感想)

「まず、一般的なサングラスと違って掛けかえる必要がないというのがいいですね」
「自分のメガネに装着しても、負担にならないくらいの軽さです」
「40代になってから、西日に向かっての運転時に『眩しくて危ない』と感じることが多くなっていたので、重宝しそうです」

「黄色光をカットすることで、色が薄くなるのではなく、よりクリアに見えます」
「青い花はコントラストが明瞭ですね」
「室内はもちろん、屋外の自然光だとさらに鮮明に感じました」

いつものメガネに装着して、イエローライトカットの世界を体験してみた

「文字盤の色やベゼルの数字、ベルトのメタリック感など違いが歴然ですね」
「新聞やパソコン、スマートフォンの画面も見やすくなりそうです」

いつものメガネに装着して、イエローライトカットの世界を体験してみた

「音符一つひとつがはっきりくっきりはもちろん、拡大鏡を使っているようにやや大きく見える気がします」
「ジグソーパズルや手芸など、細かい作業をするときにも使ってみたいです」

いつものメガネに装着して、イエローライトカットの世界を体験してみた

自分のメガネが、あらゆるシーンで簡単にレベルアップ!

黄色光をカットすることで、赤青緑の3原色をしっかり補正し、日常の『視』生活を快適にサポートします。
[運転中] 朝日、西日、雨上がりの路面のギラつきなどを抑えます。紫外線もほぼ100%カット。信号、白線、交通標識等の視認性がアップ。可視光線透過率81%なので、夜間運転基準に必要な光量を維持しつつ、対向車のヘッドライトの眩しさを軽減させることも可能に。トンネルや急な明るさの変化にも対応します。
[スポーツ] 自身で競技を行う場合も観戦する場合も、幅広い競技においてコントラストの感度を向上させるので、対象物を鮮明に捉えることができます。
[レジャー] 本来の空の青さ、山や木々の緑、動植物の色彩や表情までもクリアに。お出かけ先の自然の景色を、より美しく楽しめます。

自分のメガネが、あらゆるシーンで簡単にレベルアップ!

こちらの商品はJAF通販紀行でお買い求めいただけます。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?