自動車交通トピックス

東京モーターサイクルショーが東京ビッグサイトで開幕。二輪車メーカーやJAFもブース出展

2024年3月22日から24日まで開催

2024.03.22
2024.03.22
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

バイクの国内最大級のイベントである第51回東京モーターショーが3月22日、東京ビッグサイトで開幕した。最新モデルのバイクやウエア、ギアがずらりと展示され、バイク好きにはたまらない内容となっている。3月24日まで。

JAFブースでは二輪車のアタッチメントを展示

JAFのブースではレッカー車と二輪車のアタッチメントを展示

JAFのブースではレッカー車と二輪車のアタッチメントを展示

二輪車のロードサービスも行っているJAFもブースを構える。構造的安全性の担保された装置としては日本初となる、レッカー車でバイクもけん引できる二輪アタッチメントを展示。

これにより、バイクをけん引できるサービスカーを運用前と比べて2.5倍に増やすことができ、ライダーの思わぬトラブルに対応しやすくなるという。

JAFブースの交通安全教室

JAFブースで行われる交通安全教室。クイズ形式で楽しみながら交通安全を学ぶ

JAFブースでは交通安全クイズも実施。参加者にはチケットホルダーをプレゼントするほか、JAF会員であれば、JAFスマートフォンアプリクーポンの提示でノベルティを配布している。

カワサキ・スズキ・ホンダ・ヤマハなどメーカーブースも充実

カワサキブースでは、Z e-1などを展示

カワサキブースでは、Z e-1などを展示

アドベンチャーバイクのV-STROM 800DEなどが展示されるスズキのブース

アドベンチャーバイクのV-STROM 800DEなどが展示されるスズキのブース

国内外のメーカーもブースを出展している。スクーターやロードスポーツ、アドベンチャーバイクまで展示車両はさまざま。その多くが実際にまたがることができ、足つき性やライディングポジションを確かめられるとあって、人気の二輪車は順番待ちができることも。さまざまなメーカーの二輪車の雰囲気をとことん確かめられるのは、モーターサイクルショーならではの楽しみだ。

ホンダブースでは、23年11月に発表したHonda E-Clutch搭載車両を展示

ホンダブースでは、23年11月に発表したHonda E-Clutch搭載車両を展示

ヤマハは「The Dark side of Japan」と銘打って、MT-09を展示

ヤマハは「The Dark side of Japan」と銘打って、MT-09を展示

オリジナルグッズが買える物販コーナーやデモ走行を眺めるイベントも

模型・プラモデルメーカーのタミヤは、二輪車のプラモデルを展示・販売

模型・プラモデルメーカーのタミヤは、二輪車のプラモデルを展示・販売

スズキブースでは、『聖杯』とも称される湯呑も販売

スズキブースでは、『聖杯』とも称される湯呑も販売

ブースによってはグッズの販売もされている。モーターサイクルショー限定の商品も並ぶこともあり、こちらも人気となっていた。キーホルダーやタンブラー、Tシャツなどお気に入りのグッズを買い求めるため、行列ができていた。

22日に行われた、バイク好き芸人によるRGツーリングクラブのスペシャルステージ

22日に行われた、バイク好き芸人によるRGツーリングクラブのスペシャルステージ

屋外で行われた、警視庁クイーンスターズのドリル走行

屋外で行われた、警視庁クイーンスターズのドリル走行

会期中は、ステージイベントや白バイ隊のデモンストレーションなどが屋外で行われる予定。イベントの詳細については、公式サイトなどを参照のこと。

モーターサイクルショーに関する情報はこちら!

この記事はいかがでしたか?