自動車交通トピックス

銚子連絡道路の横芝光町~匝瑳市間5kmが3月31日に開通。周囲の渋滞緩和に期待!

2024.03.22

画像はイメージです

2024.03.22

画像はイメージです

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

千葉県は、銚子連絡道路のうち、横芝光(よこしばひかり)町〜匝瑳(そうさ)市間の5kmが、2024年3月31日午後3時に開通すると発表した。銚子連絡道路は、千葉県山武(さんむ)市の圏央道・松尾横芝ICを起点とし、銚子市に至る計画の高規格道路だ。06年に横芝光町までの6kmが開通しており、第二期開通として約5km東に延伸されるかたちだ。国道126号の渋滞緩和が見込まれるほか、救急医療活動の支援や東京方面へのアクセス向上も期待される。

周辺の一般道の渋滞緩和および安全性の向上に期待

銚子連絡道路の横芝光町~匝瑳市間の地図

国道126号は市街地を通るため、渋滞が多発する上に事故も多い区間だという。銚子連絡道路の延伸により、市街地や駅前をバイパスして通行できるようになるため、渋滞緩和や事故の減少につながると見込まれる。

将来的な全線開通により、東京方面へのアクセスも便利に

千葉市と銚子とを結ぶ国道126号は、地元にとって重要なライフラインだ。漁港別水揚げ量で全国1位(2022年)と、日本有数の漁港でもある銚子から京浜エリアに向けて、混雑緩和に根ざした道路整備が望まれている。銚子連絡道路が全線開通すると、銚子漁港から豊洲市場までの所要時間が約24分短縮される見込みだ。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?