自動車交通トピックス

【埼玉県鶴ヶ島市】国道407号「鶴ヶ島日高バイパス」が2024年3月23日に全線開通。現道の混雑緩和に期待!

2024.03.15

画像はイメージです

2024.03.15

画像はイメージです

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

埼玉県は、2024年3月23日に埼玉県鶴ヶ島市を通る一般国道407号鶴ヶ島日高バイパス(鶴ヶ島工区)が全線開通すると発表した。鶴ヶ島日高バイパスは2021年に2,200mが開通しており、今回は残り600mが開通するかたちだ。これにより、鶴ヶ島市の高倉天神交差点から日高市の高萩北杉並木交差点が結ばれ、交通渋滞の緩和や移動時間の短縮が期待されている。

鶴ヶ島工区が開通、高倉天神交差点から高萩北杉並木交差点までがつながる

鶴ヶ島日高バイパス鶴ヶ島工区の位置図

2024年3月23日に開通するのは鶴ヶ島日高バイパスのうち「鶴ヶ島工区」の600mだ。埼玉県は、圏央鶴ヶ島ICへのアクセス強化や、周辺道路の慢性的な渋滞解消を目的として2009年からバイパスの整備を進めてきた。鶴ヶ島日高バイパスの全長は2,800m。2021年には高萩北杉並木交差点から2,200mが開通しており、今回の開通で高倉天神交差点までつながることになる。

両側に歩道も整備され、車両も歩行者もより安全に

国道407号線は江戸時代に日光脇往還として整備された街道で、慢性的な渋滞や歩行者の安全確保に長年悩まされていた。
全線開通する鶴ヶ島日高バイパスは4車線道路で両側には歩道も整備される。開通すれば慢性的な渋滞解消や、圏央鶴ヶ島ICへのアクセス向上、高萩北杉並木交差点から高倉天神交差点への移動時間短縮などが期待されている。また、緊急輸送道路網も強靱化する見込みだ。通勤や通学などで周辺の道路を使う方にとっては、何かと便利になるだろう。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?