自動車交通トピックス

東北中央道・山形PAスマートICが2024年3月24日に開通。山形市中心部へのアクセス向上に期待!

2024.03.15

画像はイメージです

2024.03.15

画像はイメージです

1年点検を受けると、だれにでもチャンス

東北中央自動車道(東北中央道)の山形パーキングエリア(PA)スマートインターチェンジ(IC)が、2024年3月24日午後3時に開通する。山形市内への新たなスマートIC整備により、山形市中心部の渋滞緩和に貢献すると見込まれるほか、周辺の工業団地や観光施設へのアクセス向上、救急医療の円滑化も期待される。

東北中央道・山形PAに隣接して開通

山形PAスマートICの位置

山形PAスマートICは、東北中央自動車道・山形上山ICの7.4km北側、山形中央ICの3.0km南側に設置されている山形PAに新設されるスマートICだ。ETC車載器を搭載した車両なら24時間利用できる。
なお、入場の際は、福島方面(上り線)と新庄方面(下り線)で入り口が分かれているため注意が必要だ。また、東北中央道本線(下り線)から本スマートICで流出する場合および、本スマートIC福島方面(上り線)入口から本線に流入する場合は、山形PAの利用ができないためこちらも併せて注意しよう。

山形PAスマートICのを上空から撮影した写真

山形市街地の渋滞緩和やアクセス向上に期待!

山形市中心部と東北中央道の往来には、山形市街地の北側に位置する山形中央ICを利用する車両が多く、山形中央ICと市街地を結ぶルートは慢性的に混雑している。
山形PAスマートICの開通により、山形中央ICを利用する車両の分散が見込まれ、渋滞の緩和が期待されている。加えて、工業団地に隣接する位置に全ETC搭載車が利用できるスマートICができることで、大型車が市街地を経由せずに工業団地にアクセスできるようになるなど、さらに混雑は緩和される見込みだ。
その他、スマートIC近隣の山形市西公園へのアクセス向上や、高速道路を活用した救急医療の円滑化も期待される。

この記事のキーワード
この記事をシェア

この記事はいかがでしたか?