自動車交通トピックス

オートサロン2024開幕。シビックRSやGRヤリスなど世界初披露の車もお披露目

2024年1月12日(金)〜14日(日)に、千葉県の幕張メッセで開催

2024.01.13
2024.01.13
1年点検を受けると、だれにでもチャンス

東京オートサロン2024が、1月12日から千葉県の幕張メッセで始まった。会場には初披露となる車や、美しくドレスアップした車が並び、平日にもかかわらず、初日から盛り上がりをみせている。ここでは、展示車両など出展ブースの一部を紹介する。

未来の車好きを育てることができそうな、JAFのブース

抽選会などが行われた、JAFのブース

抽選会などが行われた、JAFのブース

レースカーなどが展示されるコース内を、ラジコンで走行

レースカーなどが展示されるコース内を、ラジコンで走行

車で会場に来た場合、駐車場から最も近いエリアにJAFのブースがある。そんなJAFのブースは、「みんなでつくる未来のJAF」をテーマに、模型を使った空間でJAFの活動を表現。そこに作られた道路で子供たちがラジコンカーを操縦し、過去・現在・未来の街を巡る「JAFジオラマツアー」を楽しんでいた。JAFスマートフォンアプリを使っていれば抽選会にも参加できる。親子連れはもちろん、大人も訪れたいブースだ。

発表したばかりの新車が並ぶ、カーメーカーのブース

会場には、日本車のメーカーを中心に完成車メーカーが軒を連ねている。たとえば、トヨタは8速ATを搭載した新しいGRヤリスを世界初披露。スバルは、株式会社KINTOと業務提携し、新車サブスクリプションサービス「KINTO ONE(SUBARU)」を2024年初夏から始めることを会場で発表した。また、ホンダでは近く発売される「WR-V」をカスタマイズしたコンセプトカーも展示され、訪れた人の目を引いた。

スズキのブースに展示された、スーパーキャリイ・マウンテン トレイル。開放感たっぷりのモデルだが、残念ながら市販の予定はない

スズキのブースに展示された、スーパーキャリイ・マウンテン トレイル。開放感たっぷりのモデルだが、残念ながら市販の予定はない

スバルは、特別仕様車「WRX S4 STI Sport♯」(プロトタイプ)を発表。500台限定で販売され、1月12日から28日までSUBARU販売店で抽選のエントリーを受け付けるという

スバルは、特別仕様車「WRX S4 STI Sport♯」(プロトタイプ)を発表。500台限定で販売され、1月12日から28日までSUBARU販売店で抽選のエントリーを受け付けるという

トヨタブースのひな壇には、ジムニーが展示されていた。「“一人のクルマ好き”として、クルマ好きの皆さんともっと熱くなりたい、未来を一緒に作っていきたい」というモリゾウこと豊田章夫会長の愛車を展示しており、ジムニーはその一台である

トヨタブースのひな壇には、ジムニーが展示されていた。「“一人のクルマ好き”として、クルマ好きの皆さんともっと熱くなりたい、未来を一緒に作っていきたい」というモリゾウこと豊田章夫会長の愛車を展示しており、ジムニーはその一台である

スカイラインNISMOやARIYA  NISMOなど、NISMO軍団を並べてきた日産ブース。ほかにも、ビームスとのコラボモデルである「ROOX BEAMS CUSTOMIZED CONCEPT」などを展示している

スカイラインNISMOやアリア NISMOなど、NISMO軍団を並べてきた日産ブース。ほかにも、ビームスとのコラボモデルである「ROOX BEAMS CUSTOMIZED CONCEPT」などを展示している

F1マシンなど、モータースポーツの競技車両を多く並べたホンダ。市販車ではシビックRSを世界初披露。6速MTのみのスポーツグレードで、今秋発売を目指して開発を続けているという

F1マシンなど、モータースポーツの競技車両を多く並べたホンダ。市販車ではシビックRSを世界初披露。6速MTのみのスポーツグレードで、今秋発売を目指して開発を続けているという

スーパー耐久参戦車を並べたマツダブース。スポーツ感強めの展示となっている

スーパー耐久参戦車を並べたマツダブース。スポーツ感強めの展示となっている

トライトン・スノー シュレッダー コンセプトを披露した三菱。アウトドアのイメージを強調するブースとなっている

トライトン・スノー シュレッダー コンセプトを披露した三菱。アウトドアのイメージを強調するブースとなっている

カスタムカーや専門学校などの展示も楽しい

オートサロンといえば、カスタムカーやチューニングカーの展示が多いのが特徴だ。また、車のメンテナンスなどを学んでいる自動車大学校の、斬新なコンセプトでつくられたカスタマイズカーの展示も楽しい。今回も特徴的な車や、レストアされた懐かしい旧車が並んでいた。

EV5台を展示したオートバックスのブース。オリジナルのスポーツカーGaraiyaがEVコンバートでよみがえった

EV5台を展示したオートバックスのブース。オリジナルのスポーツカーGaraiyaがEVコンバートでよみがえった

日産京都自動車大学校が出品したのは「ELGLAND GLASSIER」。ベースとなったエルグランドから車高を4cm高め、エクストレイルのフロントフェイスを採用してオフロード感を演出したという

日産京都自動車大学校が出品したのは「ELGLAND GLASSIER」。ベースとなったエルグランドから車高を4cm高め、エクストレイルのフロントフェイスを採用してオフロード感を演出したという

日本自動車大学校が持ち込んだのは、マツダ・ルーチェ。昔懐かしいひとけたナンバーが付く旧車で、まずは外装を仕上げ、次に機関部をレストアして公道走行することを目指している

日本自動車大学校が持ち込んだのは、マツダ・ルーチェ。昔懐かしいひとけたナンバーが付く旧車で、まずは外装を仕上げ、次に機関部をレストアして公道走行することを目指している

このルーチェには、つくば万博を記念して製作されたJAFのエンブレムが貼り付けられていた。前のオーナーが取り付けていたものだという

このルーチェには、つくば万博を記念して製作されたJAFのエンブレムが貼り付けられていた。前のオーナーが取り付けていたものだという

ここで紹介した車両以外にも、目を引くカスタムカーの展示や部品、工具の物販ブースもあり、一日では回り切れない印象だ。気になった人は、現地へ赴いて実際に目にしてほしい。

東京オートサロン2024開催概要

この記事はいかがでしたか?