危険予知

雨の夜、家族を迎えに駅前に来ています

2022.07.05

監修=長山泰久(大阪大学名誉教授)

この記事のキーワード
この記事をシェア

左側から飛び出してくる人

今回の解答:車の間から出てくる人

駐停車車両の間から人が飛び出してきて、事故になるところでした。問題の場面で車の間に人が立っているのを見落とさず、道路を横断してくる可能性を予測する必要がありました。特に雨の降り始めは傘を持たない人もいるので、濡れないように急いで車に乗り込もうと道路を横断してくるケースがあります。雨天時の夜間は視界が悪く、歩行者を見落としやすいので、駅前や商店街など人の往来が予測できる場所では、速度を落として慎重に走るようにしましょう。

雨天時は「人対車両」の事故が増加するグラフ

雨の日は車と歩行者の事故に注意

雨天時は車の窓が水滴や曇りで見えづらくなり、制動距離も延びます。歩行者も足元が気になって目線が下がり、お互いの安全確認が不十分になりがちです。晴天時に比べて事故も増える傾向があるので注意が必要です(グラフ)。

運転中に遭遇するさまざまな危険を映像で疑似体験。

この記事のキーワード
この記事をシェア