鉄道他 トヨタ&モデリスタ&TRD編:「スープラ」や「センチュリー GRMN」など!【東京オートサロン2019】(1)

国内最大のチューニングカー・カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン」。 2019年は1月11日から13日まで開催された(幕張メッセ)。 まずはメーカー別にどのようなクルマが出展されていたのかをお届けしていく。 その1は、トヨタと系列のモデリスタおよびTRDだ。

2019年01月18日 16:00 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

トヨタ スープラ(3代目・A90型)

17年ぶりの復活となったトヨタ「GRスープラ」のコンセプトモデル。「GRスープラ」は、GRコンセプトとしては初めてワールドワイドに展開することが1月14日にトヨタから発表された。国内では「スープラ」としては3代目となるが、北米などの海外では初代「セリカXX」が初代「スープラ」となるため、5代目となる。

 トヨタブースで目を引いたのが、センターに配置された2台の新型「スープラ」。国内では初代「セリカXX」から始まる、グランツーリスモ(グランドツーリングカー)の5代目である(国内では「スープラ」としては3代目)。

 上の画像が、市販される「GRスープラ」のコンセプトモデル。1月14日に米デトロイトモーターショーで世界初披露され、国内での発売は2019年の春頃となっている。

 もう1台は、TOYOTA GAZOO Racingが2020シーズンからスーパーGTのGT500クラスに投入するレーシングカーのコンセプトモデル「GRスープラ スーパーGT」。それに伴い、レクサス「LC500」での参戦は2019シーズンとなる。

GRスープラ スーパーGTコンセプト|gr supra super gt concept

2020シーズンからスーパーGTに投入される計画の「GRスープラ スーパーGT」のコンセプトモデル。かつて、スーパーGTの前身である全日本GT選手権時代から数えて、「スープラ」は4度の王座に輝いたマシン。「GRスープラ スーパーGT」にもトヨタファンに熱い期待が寄せられている。

走りを追求したコンプリートカーGRシリーズは、「センチュリー」や2代目「マークX」、ダイハツ「コペン」など3車種を展示

トヨタ センチュリー GRMN|toyota century grmn

「センチュリー GRMN」。このモデルはブラックだが、ホワイトのモデルも存在している。

 GRコンセプトは、世界最長・最難関といわれる独ニュルブルクリンク・サーキットにおいて、「クルマの味づくり」を行っているGAZOO Racingによるコンプリートカーブランド。エントリーモデルのGRスポーツ、本格派のGR、そして台数限定の"究極のスポーツモデル"とするのがGRMNだ。今回はGRMNの参考出展2車種と最新モデル1車種が展示された。

 その中で目玉はトヨタのフラッグシップセダン「クラウン」のさらに上位の最高級エグゼクティブ・セダン「センチュリー GRMN」。参考出品のため、詳細は不明だが、ナンバープレートがあるとおりに公道走行可能な1台だ。

トヨタ マークX GRMN(2代目)|toyota mark x grmn 2nd

2代目「マークX GRMN」。今回出展されたGRMNの中では、唯一発売されるモデル。「マークX」は近年は少なくなったFR車で(4WDグレードも設定されている)、GRMNシリーズの頂点として位置づけられている。

 もう1台は3月11日から発売を開始する2代目「マークX GRMN」。GRMNシリーズの頂点に位置するモデルとして、2015年に初代が限定100台で販売されたが、パワーアップして帰ってきた。FRセダン「マークX」の最上位グレード「350RDS」をベースとし、専用6速トランスミッションに換装した1台である。今回は限定350台で、東京オートサロン初日の1月11日より注文受付がスタートした。

初出展となったダイハツの軽スポーツカー「コペン」をベースとした、「コペン GRスポーツ コンセプト」。

 トヨタ傘下のダイハツから、走りを追求した軽自動車「コペン」が参考出品ながらGRMNの仲間入りを果たした。各種パーツなどの詳細は不明。正確には、エントリーモデルの「GRスポーツ」の1台となっている。

→ 次ページ:
続いては「モデリスタ」と「TRD」の出展車両