写真ビストロ SNAP×SNAP ゲーム内のバーチャルマシンが現実に! 「ビジョングランツーリスモ」のスーパーカー&レーシングカーたちを集めてみた

2018年08月22日 00:10 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

 プレイステーションシリーズ用の「レースシミュレーター」として、世界的な人気を誇る「グランツーリスモ」(ポリフォニー・デジタル)シリーズ。その「グランツーリスモ」と国内外の自動車メーカーやカロッツェリアがコラボレーションし、2013年から開始したプロジェクトが「ビジョングランツーリスモ」だ。

 「ビジョングランツーリスモ」は、メーカーが実車を作るのと同じ過程でオリジナルのスーパーカーやレーシングカーを"バーチャルマシン"として開発し、ゲームに収録してプレイヤーが操作できるようにするというもの。

 参画する国内メーカー・ブランドは、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、ダイハツ、三菱、レクサス。同じく海外メーカーはメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、アストンマーティン、プジョーなどだ。それらに加え、イタルデザイン・ジウジアーロなどのカロッツェリア(デザイン工房)やナイキ(スポーツウェア)なども加わっている。

 バーチャルマシンは、プレイステーション(PS)3用の「グランツーリスモ6」(GT6)や、最新作であるPS4用の「グランツーリスモSPORT」に収録されている。もしくは、今後行われるアップデートなどで追加される。

 そしてバーチャルマシンのフルスケールモデルを製作したメーカーも多く、中にはアウディのように、実際に走行可能なワンオフモデルのマシンも開発したメーカーもある。ここではそうした「ビジョングランツーリスモ」のフルスケールモデル4車種と、アウディの実走が可能な「e-tron」の計5車種を併せて紹介する。

トヨタ「FT-1」

sn180820-02-01.jpg

「FT-1」の"FT"は「Future Toyota」を表し、"1"は「頂点」を意味する。FR駆動で、フロントガラスのサイド部分はトヨタ初の本格スポーツカーでヤマハと共同開発した「2000GT」をイメージするラインを採り入れているという。MEGA WEBにて撮影。

 2014年1月のデトロイトモーターショーで公開された、トヨタのクーペスタイルのスポーツカーのデザインコンセプトモデル「FT-1」。トヨタの北米デザイン拠点のCalty Design Researchが手が、創立40周年を記念して「夢のスポーツカー」への挑戦を続けてきたひとつの成果として発表した。

 そして、この「FT-1」をベースにしたバーチャルマシンが「FT-1 ビジョングランツーリスモ」だ。「FT-1 ビジョングランツーリスモ」は2014年8月に公開され、ゲームには同年9月に追加された。

 「FT-1」と「FT-1 ビジョングランツーリスモ」は若干異なる。"機能造形美"として開発された「FT-1」を、ピュア・レーシングカーとしてブラッシュアップしたのが「FT-1 ビジョングランツーリスモ」だからだ。

 フロントはエアインテークを拡大し、カナードを追加。リアには大型ウイングを装備したほか、ディフューザーを大型化し、垂直フィンを多数配置している。フェンダーも大型化し、よりワイドなタイヤが装着されている。

 「FT-1 ビジョングランツーリスモ」は「GT6」および「GTS」の2作品でドライブすることが可能だ。

sn180820-02-02.jpg

「FT-1」のサイドビュー。ドライバーのコーナリング中の視界をできるだけ広く確保するため、フロントピラーを極力後方にしたという。また、履いているタイヤはピレリ「PZERO NERO」。ブレーキパッドには「TOYOTA」とあるだけで、メーカー名は確認できなかった。

sn180820-02-03.jpg

リアのクォータービュー。「FT-1 ビジョングランツーリスモ」の場合、大型のリアウイングが装備され、スーパーGTやル・マン24時間レースなどに参戦していそうな、よりレーシーなスタイルとなっている。

sn180820-02-04.jpg

リアビュー。「FT-1 ビジョングランツーリスモ」の場合、下端のディフューザー(黒いパーツ)が後方に突き出すほど、大型化したものが装備されている。

→ 次ページ:
次は2020年の「GT-R」!? 日産「コンセプト2020」