2018年07月06日 15:30 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 誕生52年! 初代から11代目までトヨタ「カローラ」の歴史に迫る【前編】

1966(昭和41)年11月の発売以来52年、12代にわたって日本だけでなく世界中で多くの人々に愛用されているトヨタ「カローラ」。ここでは初代から4代目までのカローラを紹介する。

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保


sn180703-01-01.jpg

初代「カローラ」のモノクロ画像。スタイリングは日本人デザイナーによるもの。「カローラ」というとファミリーカーのイメージが強いが、初代は高速性能をイメージさせるため、ヘッドランプ周辺のデザインを工夫し、豹の目のような精悍さを表現したそうである。

 1950年代後半から1960年代半ばにかけて、当時のトヨタが一般向けにラインナップしたのは2車種。タクシー業界からの要請などもあって、1957(昭和32)年に発売した排気量1400ccクラスの小型セダン「コロナ」と、通商産業省(現・経済産業省)の「国民車構想」に沿って開発し、1961(昭和36)年に発売した排気量700ccクラスのコンパクトカー「パブリカ」である。

 初代「カローラ」は、この2車種の間を埋めることを目的に開発され、1966(昭和41)年11月に発売された。その名は英語で「花の冠」という意味であり、「人目を引く、美しいスタイルのコンパクトカー」をイメージして命名されたそうである。

日本のモータリゼーションを加速させた初代(1966年11月~)

sn180703-01-02.jpg

初代「カローラ(KE10型)」。全長×全幅×全高:3845×1485×1380mm、ホイールベース:2285mm、トレッド:(前)1230/(後)1220mm、車重690~710kg。乗車定員5名。水冷直列4気筒OHVエンジン「K型」、排気量:1077cc、最高出力:60ps/6000rpm、最大トルク:8.5kg・m/3800rpm、トランスミッション:4速MT、最高速度:時速140km、燃費22km/L。サスペンション:(前)独立懸架型マクファーソン・ストラット式横置き2枚リーフおよびコイル・スプリング/(後)半浮動・非対称半だ円リーフ・スプリング(吸振リーフ付き)。ブレーキ:(前)ツー・リーディング式/(後)リーディング・トレーリング式。ボディー構造:ユニ・フレーム。画像は、トヨタ博物館所蔵の初代「カローラ」1966年式(2ドアセダン)。

 初代「カローラ」は、日産「ダットサン サニー1000」と共に、"日本に本格的なモータリゼーションをもたらした"といわれるほどの人気車種となる。発売から3年5か月で100万台をラインオフし、当時の国内におけるミリオンセラー最短記録を打ち立てた。さらにモデル末期の1970年3月には、輸出も含めて5万3000台という販売台数を記録している。

 それを実現するための反面教師となったのが、実は「パブリカ」だった。あまりにも質素に作りすぎてしまい、発売当初は販売台数が伸び悩んだ「パブリカ」に学び、当時の「マイカー」の購入希望者層が持つクルマに対する"憧れ"や"夢"に応えることでアピールしていったのである。より「高級なクルマを買いたい」という欲求に応えていったことが、成功の秘訣だったという。

 価格は、3種類あるグレードのうち、「デラックス(KE10-D)」が49万5000円、「スペシャル(当時は"スペシアル"と表記、KE10-B)」が47万2000円、「スタンダード(KE10)」が43万2000円(東京地区)。

 生産は現在の本社工場である挙母(ころも)工場と、1969年からは関東自動車工業(2012年トヨタ自動車東日本として、トヨタにより完全子会社化)も担当。販売は、トヨタパブリカ店(現・トヨタカローラ店)だった。

 初代「カローラ」のグレードは、まず2ドアセダンでスタート。1967(昭和42)年5月に4ドアセダンと、商用の2ドアバンが追加設定された。同時に、「トヨグライド」と呼ばれる2速AT車も追加された。1969(昭和44)年9月には、排気量1166ccにアップした「K-3型」エンジンに切り替わった。

sn180703-01-03.jpg

初代「カローラ」を後方から。初代「カローラ」はスポーティな要素が加えられていた点も特徴のひとつ。リアのセミ・ファストバックスタイル、同クラスの他車の平均よりも100ccほど多い排気量(「プラス100ccの余裕」として大きな反響を得た)、当時主流だったベンチシートと3速コラムシフトの組み合わせではなく、セパレートシートと4速フロアシフトの組み合わせを採用した点などだ。走りに関する性能は、0→400m(ゼロヨン)のタイムが19.7秒と、当時のトヨタ販売拡張部広報課発行のニュースリリースに記載されている。

→ 次ページ:
2代目はボディやエンジンのバリエーションが一気に増加!