2018年06月21日 01:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 待望のターボ化!2代目S130系「フェアレディZ-Tバールーフ ターボ」


JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

「Tバールーフ」車はあの団長の「スーパーZ」のベース車!

sn180614-01-04.jpg

2代目「フェアレディZ」を真横から。ボディはモノコック構造だ。「88」とは、「トヨタ博物館・クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑2017」でのゼッケン。

sn180614-01-10.jpg

走行シーン。一般的にはラジエター冷却用のグリルがあることが多いフロント部分が、完全にシールドされていることに加え、ボンネットの曲面に「理論曲面」が採用されたことから、空気抵抗値は初代「フェアレディZ」の0.465から、0.385まで大きく改善されたという。

 最後は、テレビドラマでの2代目「フェアレディZ」の活躍にも触れておこう。

 日本のTVドラマで、今後、これほどの規模のカーアクションは撮影できないだろうといわれているポリスアクション「西部警察」。シリーズ途中から、渡哲也扮する主人公の刑事・大門圭介団長の専用車となるのが、「スーパーZ」だ。「スーパーZ」は、今回撮影した「Tバールーフ ターボ」がベース車両とされている。ドアがセミガルウィング仕様に大改装されており、劇中で大活躍した。懐かしく思う方も多いのではないだろうか。

 「Tバールーフ ターボ」のスペックは以下の通りだ。

【スペック】
名称:日産「フェアレディZ-Tバールーフ ターボ」
年式:1982年
全長×全幅×全高:4620×1690×1305mm
ホイールベース:2520mm
トレッド(前/後):1395/1390mm
車重:1270kg
サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッド・ディスク/ディスク
最高速度:時速180km

【エンジン】
型式:L20ET型
種類:水冷直列6気筒SOHCターボ
排気量:1998cc
最高出力:145ps(106.6kW)/5600rpm
最大トルク:21.0kg-m(205.9N・m)/3200rpm
ミッション:5速MT(3速ATもあった)