2018年05月11日 19:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 【三菱のラリーカーを集めてみた! その2】
「パジェロ」など、2000~2010年代のクロカン・ラリー参戦車たち


 WRC世界ラリー選手権や、ダカール・ラリーなど、数々のラリーで活躍してきた三菱。そのラリーカーを紹介する第1弾では主にWRCで活躍した名車「ランサー」や「ランサーエボリューション」シリーズを紹介したが、続いてはダカール・ラリーで大活躍した「パジェロ」など、クロスカントリー・ラリーに参戦した車両を取り上げてみる。

パリダカで増岡浩が優勝! 「パジェロ スーパープロダクション」

sn180509-01-01.jpg

チーム日石三菱ラリーアート「パジェロ スーパープロダクション仕様」(増岡浩選手搭乗・2002年ダカール・ラリー優勝201号車)。全長4110×全幅1975mm(全高資料なし)、ホイールベース2570mm、車重資料なし。エンジンは排気量3497cc、V型6気筒DOHC「6G74」。最高出力は260ps(191kW)/6000rpm、最大トルクは36kg-m(353N・m)/3500rpm。トランスミッションは6速MT。駆動方式は4WD。10年前のイベントである「モータースポーツジャパン2007」にて撮影。

 1952(昭和27)年に米ウィリス社と契約して翌年から「ジープ」のノックダウン(現地)生産をしてきた三菱は、海外での販売が可能な自社製クロスカントリー4WDを求めて開発に入る。そして、1973(昭和48)年の第20回東京モーターショーで参考出品され、9年という時間をかけて開発されて1982(昭和57)年から販売が始まったのが「パジェロ」だ。三菱はその「パジェロ」でもって、ダカール・ラリーに翌1983(昭和58)年の第5回から挑戦を開始した。

 第5回大会には市販車無改造クラスに参戦。サハラ砂漠を含み、総走行距離も約1万3000kmという、市販車にとってこの上ない苛酷なラリーに初参戦してクラス優勝、総合でも11位に食い込み、「パジェロ」の名が世界に知れ渡ることとなった。

 その後、三菱は「パジェロ」で総合優勝を果たすようになり、毎年開催前には優勝候補に挙げられるような強豪ワークスとなっていく。そうした中、1997(平成9)年の第19回大会では「パジェロ」を駆る篠塚建次郎選手が日本人初のダカール・ラリー総合優勝を達成。そのときは、増岡浩選手の「チャレンジャー」も加えると、三菱は4位までを独占した。

 そして画像の「パジェロ スーパープロダクション(SP)仕様」は、2002(平成14)年の第24回大会に参戦した1台で、201号車は増岡選手が駆ったマシン。増岡選手はこの年に、遂に総合優勝を手にしたのである。

 SPとは、プロトタイプ(T3)部門と、それまで三菱がワークス参戦してきた市販車改造(T2)部門を併合し、この年から新設されたクラスのことだ。「パジェロSP仕様」は前年までと同様に市販「パジェロ」のショートタイプをベースとしている。エンジンはカムの改良で低中速性能を向上させ、軽量化が施された。ボディの軽量化も施され、エンジンと合わせて合計で100kgほど2001年仕様よりも軽くなっている。そのほか冷却性能と信頼性の向上、ギア比の変更やドライブシャフトの強化、サスペンションの改良による走破性の向上も実施された。

sn180509-01-02.jpg

「パジェロSP仕様」を前方から。サスペンションは前後共ダブルウィッシュボーンを採用。ブレーキは前後共ベンチレーテッドディスクだが、ブレーキキャリパーのポッド数が異なる。より制動力を求められる前が6ポッドで、後ろが4ポッドだ。燃料は500Lも搭載する。ホイールはスピードライン製で、タイヤはBFグッドリッチ製。なお、撮影した「モータースポーツジャパン2007」のデモ走行を担当したのは、増岡選手本人。

→ 次ページ:
新しい"エボリューション"が登場!