2018年05月09日 15:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 【三菱のラリーカーを集めてみた!】
1970年代から2000年代まで! 「ランサー」シリーズ大集合


 ラリーでの活躍が記憶に残る国内メーカーはいくつかあるが、三菱がそのひとつなのは間違いないだろう。現在はワークス活動から撤退してしまっているものの、2000年代までWRC世界ラリー選手権やパリ・ダカール・ラリー(現ダカール・ラリー)などで大活躍。いくつもの名ラリーカーや世界王者を世に送り出し、一時代を築いてきた。

 そんな三菱のモータースポーツ活動の歴史を振り返ると、初めて国際的なモータースポーツに挑戦したのは、1962(昭和37)年のことだった。「500」で「マカオグランプリ」に参戦したのだ。その5年後の1967(昭和42)年にはラリーに初挑戦。オーストラリアの「第2回サザンクロスラリー」に「コルト1000F」で出場し、そこから"ラリーの三菱"は始まっていったのである。なお、そのときは1000ccに満たない小排気量ながら、総合4位(クラス優勝)という成績を残した。

 ここでは、そうした三菱の新旧ラリーカーを集めてみた。

サファリで初参戦初優勝! 「ランサー 1600GSR」

sn180501-04-01b.jpg

A12型「ランサー 1600GSR」(1974年サファリ・ラリー優勝車)。全長3965×全幅1525×全高1360mm、ホイールベース2340mm、車重920kg(※1)。エンジンは排気量1597cc(※2)、直列4気筒8バルブSOHC「4G32」。最高出力は148ps(108.9kW)/7000rpm、最大トルクは16.5kg-m(161.8N・m)/5500rpm。トランスミッションは5速MT。駆動方式はFR2WD。MEGA WEB・ヒストリーガレージにて撮影。※1:車重830kgという資料もあり。※2:排気量1598ccという資料もあり。

 1973(昭和48)年2月に発売が始まった「ランサー」はコンパクトで軽量なことが特徴で、そのスポーツモデルが画像の「ランサー 1600GSR」だ。同車の国際ラリーへの参戦は、1973年の第8回サザンクロスラリー。このときは初参戦にもかかわらず初優勝を飾り、しかも1~4位を独占するという快挙を成し遂げた。

 三菱と「ランサー 1600GSR」の名を世界に轟かせたのが、当時の世界3大ラリーのひとつで、"カーブレイカー・ラリー"、"世界一過酷なラリー"などと評されたサファリ・ラリー(ケニア)に挑戦したこと。1974(昭和49)年のことである。

 当時のサファリ・ラリーは全長6000kmを5日間かけて走り抜けるという、現在からは考えられない内容。2018年のダカール・ラリーが全長8000km強を14日間で走るのに比べると、1日の走行距離がどれだけ長いかがわかるだろう。しかし、「ランサー 1600GSR」は並み居る強豪を押しのけ、なんと初参戦で初優勝。さらに1976(昭和51)年に優勝したときは、表彰台を独占するという驚異的な結果となった。

 その後、「ランサー 1600GSR」は1977(昭和52)年まで、国際ラリーで7度の総合優勝を獲得。そして、オイルショックの影響で三菱はモータースポーツ活動を自粛し、ラリーシーンから一時的に姿を消したのであった。

sn180501-04-02.jpg

「ランサー 1600GSR」を後方から。ラリーで無敵とまでいわれ、アフリカでは「キング・オブ・カー」と賞賛された。サファリ・ラリーで優勝したケニア人ドライバーでスペシャリストのジョギンダ・シンは「優れたハンドリング性能、強靱なボディ、そしてメンテナンスのしやすいシンプルな構造を備えたマシンがなければ、サファリでの優勝なんて夢物語」とし、「ランサー 1600GSR」に出会えたことを大いに感謝したという。MEGA WEB・ヒストリーガレージにて撮影。

→ 次ページ:
復活の「ランサー」!