写真ビストロ SNAP×SNAP 4月24日は「スカイライン」の誕生日。初代から12代目まで、歴代モデルを一挙紹介
後編:9代目「R33」型から12代目「V36」型まで

61年前の1957(昭和32)年4月24日に、プリンス自動車工業から初代が販売された「スカイライン」。3代目以降はプリンスが吸収合併された先の日産から販売されるようになり、2018年現在は2014年に登場した13代目が販売中だ。そんな日本を代表する長い歴史を持つ「スカイライン」の歴代モデルに迫るシリーズの後編は、1993年登場の9代目から2006年登場の12代目までを取り上げる。

2018年04月24日 18:57 掲載

sn180420-01-00c.png

 61年前の1957(昭和32)年4月24日に、プリンス自動車工業から初代が販売された「スカイライン」。3代目以降はプリンスが吸収合併された先の日産から販売されるようになり、現在は2014年に登場した13代目が販売中だ。そんな日本を代表する長い歴史を持つ「スカイライン」の歴代モデルに迫るシリーズの後編は、1993年登場の9代目から2006年登場の12代目までを取り上げる。

 画像はすべて約10年前に横浜赤レンガ倉庫で開催されたイベント「NISSAN MOTORSPORTS EXHIBITION 2007」にて撮影したものである。

 なお、初代~4代目を紹介した前編はこちら、5~8代目を紹介した中編はこちら(どちらも新しいタブが開きます)。

グンとワイドボディになった9代目「R33型」(1993年~)

sn180418-01-09.jpg

「スカイライン R33 GT-R Vスペック」(BCNR33型)。1997年式。サイズは、全長4675×全幅1780×全高1360mm、ホイールベース2720mm、トレッド前1480mm/後1490mm。車重1540kg。2568cc・直列6気筒・DOHC・ターボエンジン「RB26DETT」の最高出力は280ps(206kW)/6800rpm、最大トルクは37.5kg-m(368N・m)/4400rpm。サスペンションは前後共マルチリンク。ブレーキは前後共にベンチレーテッドディスク。タイヤは245-45-ZR17。

 先代の「R32」型は3代目「GT-R」以外はすべて5ナンバーだったが、9代目「R33」型はグランドツアラーとしての居住性を求めてボディが大型化され、全車3ナンバーで1993(平成5)年8月に登場した。

 そのほか、好評を博した「R32」型からの変更点としては、4気筒エンジンをなくして6気筒のみにしたこと、マルチリンク方式のフロントサスのアッパーアームをI型からA型に変更したこと、リアダンパーのストロークを増やすなどがある。

 「GT-R」は「R33」型でも引き続きラインナップされ、4代目「GT-R(BCNR33型)」は、1995(平成7)年1月に発売された。電子制御式トルクスプリット4WDシステム「アテーサETS」をさらに進化させた「アテーサPRO」を搭載したことなどが特徴だった。

 画像は、4代目「GT-R」のハイスペック仕様車である「R33 GT-R Vスペック」(1997年式)。「GT-R」にオプションパックを装備してさらに性能をアップさせたのが「Vスペック」で、「R33 Vスペック」は翌2月からの発売となった。

 「R33 Vスペック」は高性能ブレーキや大径ホイールなどを装備。さらに、大パワーをより確実に路面に伝えるため、LSDを標準の機械式から電子制御による油圧式の「アクティブLSD」に変更された。

 こうした性能強化により「R33 Vスペック」は、スーパー耐久シリーズなど、改造範囲の狭いレギュレーションのレースにおいてベース車両として活躍。実際、1997年にはスーパー耐久シリーズで「R33 Vスペック」ベースの「日産プリンス千葉GT-R ファルケン」が王座に輝いている。

→ 次ページ:
次は第2世代最後の「R34」型!