2018年04月05日 15:08 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 【モーターサイクルショー2018】
EVレーサーにサイドカーにトレーラー!
ちょっと変わったバイクたち


 3月23日から25日まで開催された、第45回「東京モーターサイクルショー」。EVバイクやサイドカー、バイク用トレーラーなど少々変わったバイクたちを紹介する。

EVバイクをレースで鍛えている無限

 無限は現在、レース用EVバイク「神電」シリーズでもって、世界最古のバイクレースであるイギリス・"マン島TT"のEV部門に参戦している(2014~17で4連覇達成)。ブースで展示したのが、5月26日から6月8日にかけて開催される2018年のレースに参戦する予定の最新モデル「神電七」。そのカウルを装備したモデルと、カウルを取り払ってフレームなどを見られるモデルの2台を展示した。

 また、「神電七」で培った技術をフィードバックして市販を目指して開発が進められているのがEVモトクロッサーのプロトタイプ「E.REX」。2018年にプロトタイプの完成を目標としている。

sn180403-03-07.jpg

「神電七」のカウルを取り外したモデル。「神電七」は油冷式三相ブラシレースモーターを搭載し、最高出力は120kW、最大トルクは210N・m。ラミネート型のリチウムイオンバッテリーを搭載し、出力電圧は370V以上。フレームはCFRP製モノコック。ブースのスタッフによると、より出力のあるモーターを搭載してタイムアップを狙うのは簡単だが、バッテリーが持たなくなってしまう。バッテリーを増やせばいいかというと、今度は重量が増えてしまうので、そのバランスが難しいという。

sn180403-03-08.jpg

カウルを装備した「神電七」。マン島TTレースは公道レースだが、平均速度は時速210km、最高速は時速300km以上という、とてつもなく危険でタフなレース。「神電」シリーズは2017年までEV部門で4連覇を達成しており、2018年は5連覇を狙う。「神電七」のスペックは、全長2125×全幅660×全高1130mm、グランドクリアランス130mm、シート高810mm。総重量248kg。EVバイクは加速が強烈だが、プロのライダーにとっては乗りやすいそうである。

sn180403-03-09.jpg

力強いイメージを持たせるため、恐竜(ティラノサウルス)をデザインコンセプトとした「E.REX」。「神電」シリーズの技術をフィードバックし、市販化を目指して開発が進んでいる。

→ 次ページ:
モーターのミツバのEVバイク&トライク!