2018年03月21日 00:28 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 角張っていてゴッツい!
タフ&ワイルドな
オフローダーを徹底収集してみた!


かつて軍隊で実際に使用されたミリタリー車たち!

 最後は、お台場旧車天国2017で撮影してきた、第二次大戦から戦後にかけて米軍などで使用されていた軍用車両たちを紹介しよう。

ウィリス「MB」

sn180319-01-01b.jpg

「MB」は、いわゆる、ウィリス「ジープ」の1車種。現在はブランド名となっている「ジープ」だが、最初はウィリス社が開発した軍用車両だった。一般的に、陸軍のカラーリングであるオリーブドラブのイメージが強いが、この「MB」はブルー系のカラーリングと「U.S.N.」とあるように、米海軍のものだった。

ウィリス「M38」

sn180319-01-14b.jpg

1951年製のウィリス製「ジープ」の1台、「M38」。ナンバープレートは非常に貴重な昭和30年代前半のもので、60年に米軍から払い下げを受けて国内での登録を行って以来のもの(実際に一般道を走れる)。国内の「M38」は、20~30台が現存しているという。

「キューベルワーゲンTYP82」

sn180319-01-15.jpg

フェルナンド・ポルシェ博士の設計による、小型軍用車両の元祖といわれる「キューベルワーゲンTYP82」。フォルクスワーゲン「ビートル」の親戚といえる1台。「ビートル」はポルシェ博士が1930年代に開発を進めていたが、第二次世界大戦によりそれを軍用車両として設計変更することになり、この「キューベルワーゲンTYP82」が誕生したのだという。

ダッジ「WC52」

sn180319-01-16.jpg

ダッジは元々クライスラーの1ブランドで、現在はクライスラーがフィアット傘下となったため、ダッジもFCAの1ブランドとなった。この「WC52」はウィリス「ジープ」よりもサイズが大きく、兵員輸送などで活躍したという。

フォード「アンフィビアン ジープ GPA」

sn180319-01-17.jpg

最後は、あまり角張っていないが、ミリタリーつながりということで、フォード製の水陸両用軍用車両「アンフィヴィアン ジープ GPA」も紹介しておこう。ウィリス「ジープ」ベースに開発され、第二次大戦中には米軍が実際に使用したそうである。

2018年3月21日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)