2018年02月27日 15:50 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 「ハチロク」ことAE86「スプリンタートレノ」
アニメ新劇場版・オフィシャルカーを激撮!!


「スプリンター トレノ」と「カローラ レビン」の誕生!

sn180221-01-02.jpg

ハチロクを正面から。作品のファンならお馴染みだが、「スプリンター トレノ」はリトラクタブル方式のヘッドライトを採用しており、固定式のヘッドライトの「カローラ レビン」とデザイン的に異なる。

 79年の4代目を経て、83年5月12日にいよいよ5代目が登場。しかもこのときは、「スプリンター」系も「カローラ」系もファミリーカーはすべてFF車になったこともあって車名が大きく変更された。スポーツモデルはFR方式が継続され、グレードに関係なくすべてに「スプリンター トレノ」もしくは「カローラ レビン」の名が与えられたのである。今回紹介している「スプリンター トレノ」は、「カローラ スプリンター」から数えて5代目だ。

 劇中で主人公が乗るグレードは3ドア(リアゲートがある)のボディタイプで、最上位の「1600 GT APEX」。車両型式は「E-AE86-FCMVF」だ(作中では略して「AE86」と紹介されていた)。その車両型式は「カローラ レビン」も同じである。1587ccの水冷直4DOHCエンジンで名機といわれる「4A-GEU」をどちらも搭載する。 

 なお、「カローラ レビン 1600 GT APEX」のひとつ下のグレードで同じエンジンを搭載する「GTV」については、こちらの記事で同乗試乗した際の画像や動画をお楽しみいただくことが可能だ。ぜひ、「4A-GEU」の雄叫びを聞いてほしい。

→ 次ページ:
「スプリンター トレノ」もいろいろあった!