2017年10月20日 12:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP ロータリーピュアスポーツ!
マツダ「RX-7」の最終型
3代目・FD3S型

マツダ「RX-7」といえば、ロータリースポーツとして今でも人気のシリーズ。初代「SA22C型」、2代目「FC3S型」に続き、最終モデルとなる3代目「FD3S型」を取り上げる。

sn171017-01-01.jpg

マツダ「RX-7」の3代目となるFD3S型。「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」(同展示会のまとめ記事が新しいタブで開きます)のヴィンテージ宮田自動車ブースにて撮影した。

 世界で唯一ロータリーエンジン(RE)の量産化に成功し、同エンジンの搭載車を世に送り出したマツダ。「コスモスポーツ」で先鞭をつけ、その後、いくつもの車種にRE搭載グレードをラインナップしてきた。

 そんな中、ガソリン車とRE車の共用ボディではなく、RE車として専用設計されたボディを持つコスモスポーツに次ぐピュアスポーツとして、初代「サバンナRX-7」(SA22C型)は、排気ガス規制やオイルショックなどの苦難を乗り越え、新型RE「12A」を搭載して1978年に発表された。同車は本格的なREの量産車として、日本だけでなく米国においてもヒットした。

 1985年によりスポーツカーとして進化を遂げた2代目「サバンナRX-7」(FC3S型)を経て、1991年10月に、今回紹介する3代目「アンフィニRX-7」(FD3S型)が発売となった。画像の3代目は、同年12月に追加された3種類のグレードの内、走りを追求した「タイプR」だ。

 3代目になり、初代がREの名車「サバンナGT」の流れを汲むことを表していた「サバンナ」の名が外され、当時存在したマツダの販売チャネルにちなんで「アンフィニ」が冠せられた。ただし、1997年にアンフィニブランドが廃止となった以降はマツダブランドとなり、「RX-7」となっている。

sn171017-01-03.jpg

この3代目(なおかつ同じ「タイプR」)は、大人気コミック「頭文字D」で準主役マシンとして活躍し、クルマに興味がなかった人たちにも知られるほどになった。劇中では2代目「サバンナRX-7」も活躍していたことから、区別するために型式を略して2代目を「FC」、3代目を「FD」と呼んでおり、近年はその呼び方をする人も多い。

→ 次ページ:
3代目にもRE「13B」が搭載されたが大幅パワーアップ!