写真ビストロ SNAP×SNAP 空前絶後のスーパーカー
「カウンタック」を、
今更ながら徹底解説!

2017年08月29日 16:28 掲載

ボディをデザインしたのは天才ガンディーニ!

sn170824-01-14.jpg

テール部分。フロントに加え、リアにもバンパーがない。それまではあるべきものだったパーツをなくしてしまった点は、デザイナーのガンディーニのセンスのすごさを示すポイントのひとつだろう。

 カウンタック最大の特徴といったら、やはりこの突き刺さりそうな、文字通りのウェッジシェイプ(くさび形)のデザインだろう。

 これを手がけたのは、イタリアの著名カロッツェリア(デザイン工房)のひとつであるベルトーネのチーフ・デザイナーで、あるマルチェロ・ガンディーニ。27才の若さで先代のランボルギーニ「ミウラ」をデザインした天才が再び起用され、革命的なカウンタックのデザインを世に送り出したのである。

sn170824-01-10.jpg

変形の六角形をしたフロントウィンドウ。この傾斜角は21度だという。ボンネットとの継ぎ目に段差がないこともデザイン上の特筆すべき点だった。

→ 次ページ:
市販モデルLP400の誕生までは難産を極めた